結婚に向いていないのに結婚した人の生活で起こる6つのこと

 

結婚適性が低くて結婚に向いていないのに、それでも結婚してしまった人達が、結婚生活で経験する主なことについて解説します。

 

スポンサーリンク

結婚適性が無い人が結婚した後に起こる、主な6つのこと

 

 

1「結婚相手のあれこれの言動について、イライラし続ける」

結婚相手の、

  • 自分勝手な言動
  • こちら側を全然気遣おうとしないこと
  • 生活するうえで、ところどころでミス・失敗をすること
  • 二人の間で交わした約束・取り決めを、守ろうとしないこと

といった行動に対して、常にイライラするようになります。

 

 

 

 

2「結婚相手や子どものために自分を押し殺し続けることが、耐えられなくなる」

  • 「結婚相手」「子ども」の希望・事情を優先して、その代わりに自分の希望・事情は後回しにすること
  • 「結婚相手」「子ども」の機嫌を損なわないように、自分自身の気持ちを押し殺すこと
    • 結婚適性が低い人達は、これらのことにだんだん耐えられなくなる

 

結婚適性が低い人達には「我(が)が強い性格をしている」という大きな共通点があり、
その性格によって「自分の意見や自分のやり方を通せないこと」が甚大な苦痛になるため、
あれこれと我慢が必要な結婚にはいちじるしく不向きであると考えられます。

 

 

 

 

3「結婚相手や子どもを支え続けることに、あまり意義を見出せない」

  • 結婚相手に対して、昔の交際時代のような強い恋愛感情・愛情をすでに感じなくなっている
  • 子どもに対して、
    自分という人間の場合はあまり愛情を感じることができず、自分の子どもを「自分とは無関係の、よその家の子ども」のように感じることが多い

    • 上記のリストのような状況になっている場合、結婚相手と子どもを支えることを有意義・大切だとは感じられず、結婚生活を無意味だと感じやすくなる

 

 

 

 

4「個人主義者であるため、自分の生き方・考え方が浸食されることが我慢ならない」

  • 自分は個人主義者であり、「集団の総意」「社会常識」「世間体」などよりも、自分自身の考え方・自分自身の感性を重視している
    • 上記の事情により、
      結婚生活を通して「良き夫・良き父」あるいは「良き妻・良き母親」という型にだんだんはめられていくことに、強烈な嫌悪感を覚えている

 

 

 

 

5「現在の結婚生活に苦しんでいるせいで、独身時代が恋しくなる」

  • 自宅に常に他人がいて、そのことが深刻なストレスになっている
  • 常に他者と何らかの会話をし続けなければならないことが、面倒だったり苦痛に感じている
    • 上記のリストのような事情により、自分独りだったので非常に気楽だった独身時代に戻りたくなる

 

 

 

 

6「他者のペースに合わせなければならない今の結婚生活が、非常に辛い」

結婚相手や子どもの生き方・行動・考え方のペースに合わせざるを得ない現状のせいで、

  • 自分がやりたいこと
    • 独身時代での「遊び」「異性との恋愛」が不十分な状況で結婚してしまうと、結婚後の不満がより大きくなりやすい
  • 自身の人生で達成したい、大きな夢・目標
  • 自分自身の生き方・行動・考え方のペースにのっとって、自然体で生きること

これらが実現困難になることが、結婚適性が低い人達にとってはことさら辛くなります。

 




「結婚適性が低い人」と「結婚適性が高い人」の違い

結婚適性が低い人結婚適性が高い人
他者との協調性協調性は低く、
コミュニケーション能力に難がある
協調性が高く、
他者とのコミュニケーションが好きな性格をしている
「家庭を築くこと」の感覚家庭を築くことに対し、
あこがれや義務感は非常に薄い
家庭を築くことに対し、
昔から強いあこがれや、好感を抱いていた
世間体・社会の人々の考えとの相性相性は悪い
(これらを素直に受け入れられず、拒絶反応が出る)
相性は良い
(世間体を重視し、社会の人々の考えをほとんど疑わない)
個人としての夢・願望の有無個人の夢・願望がある場合が多い個人の夢・願望が無い
(家族に尽くすことが、夢・願望になりやすい)

 

 

 

結婚適性が低いのにもかかわらず、うっかり結婚してしまうことの主な原因は、

 

  • 結婚前に、「自分という人間は結婚に向いているのか向いていないのか」を深く考えずに、そのまま結婚してしまった
    • 「両親に、結婚をせかされた」「友人知人や職場の同僚が次々と結婚したので、自分も周囲に同調して結婚した」といった例が多い
  • その時にちょうど、交際相手へ抱く恋愛感情が最高潮に達していたため、後先を考えられずに結婚してしまった
  • その人の能力が高かったり社会的地位が高い職に就いていて、そのせいで異性にかなりモテるため、性格的に結婚適性が低くてもあっさり結婚できてしまった

 

というものであり、

結婚適性が低い人達は、上記のリストの事態を意識的に避けるべきです。

 

本ブログでの、結婚に向いているタイプ・向いていないタイプを解説する記事↓も合わせてご覧下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
恋愛と結婚
シュテるんをフォローする
シュテるん

約7年間、いろいろなブログを運営する仕事をしています。
世の中の複雑なことを、簡潔にわかりやすく解説することが得意です。
静岡県出身で、現在は埼玉県で生活しています。

シュテるんをフォローする
ステラアルター

コメント

タイトルとURLをコピーしました