メシマズ嫁の料理にありがちな3つのことと、不味くなる原因

 

「メシマズ嫁(作る料理があまりにもマズすぎるお嫁さんのこと)」にありがちなことと、

メシマズ嫁が作る料理がマズくなってしまう主な原因について解説します。

 

スポンサーリンク

メシマズ嫁の料理方法にありがちな、3つのこと

 

 

1「料理に、変なアレンジを加え、そのせいで料理が不味くなる」

  • 「砂糖」「塩」「醤油」「酢」「みりん」といった調味料を、限度を超えて大量に料理に加える
  • 「この美味しい素材(たとえば、生クリームやチョコレートやプリンなどの甘い素材)を加えたら美味しくなるに違いない」と、
    味の相性の善し悪しを考慮せずに、料理に加えてしまう

 

 

 

 

2「やたらと通(つう)ぶって、オリジナル料理を創り出そうとする」

  • 「思いつき」「勘(かん)」などを根拠にして、相性が悪い食材・料理同士を組み合わせて、不味いオリジナル料理を作ってしまう
  • 隠し味といった、プロの料理家が駆使する要素にあこがれて、隠し味として料理に変な食材・調味料を混ぜて料理を不味くする

 

 

 

 

3「料理の基本的なやり方に、深刻な問題がある」

  • 料理を焼きすぎて、炭のような状態になってしまっている
  • 料理に全然火を通さないせいで生焼け・生煮え状態になっていて、口当たりが悪かったり食中毒を起こしやすい
  • たとえば、魚料理で「大部分の骨を取り除いておく」「うろこを取り除いておく」というような食材の下処理がろくにできない
  • 「冷蔵」「冷凍」の重要さを理解しておらず、そのせいで食材が痛むことが多くなる
  • 調理において「手抜き」「おおざっぱすぎる判断」といった要素が多すぎる

 

メシマズ嫁達の調理に共通する大きなことが、
「料理の最中に、味見をしない」「やけに自信たっぷりであり、『自分なら、勘(かん)で上手くできる』と考えている」
といった点です。

 

メシマズ嫁の作る料理が不味くなってしまっている、主な原因

 

 

料理における、各種の基本を守ろうとしない

  • 料理の本や料理関係のWebサイトに載っている、料理のレシピ(調理法)を全然見なかったり、見たとしてもレシピ通りに作ろうとしない
  • 「食材」「包丁やまな板やお玉などの調理器具」といったものに関して、衛生観念(加熱して滅菌したり、清潔さを保つこと)が欠如している

 

 

 

 

その女性が、能力不足・知識不足状態

  • 不器用すぎる
  • 手際が悪いせいで、料理をするうえでミスが多発する
    • 発達障害の一種・ADHD(注意欠陥多動性障害)を抱えていて、
      ADHDの症状により集中力と短期記憶が保たないせいで、調理でミスが多発するという場合も少なくない
  • 常識が足りていない
    • 特に、「衛生」「化学に関する基本知識」が不足している
  • 料理に関する知識が、不足しすぎている

 

 

 

 

その女性の味覚や料理に関する常識に、重大な問題がある

  • その女性の味覚のタイプが、常人達のそれとは大きく異なっている
    • 「生まれつき、味覚が変」「味覚障害(病気の一種)を抱えている」などが理由
  • その女性の母親がメシマズ嫁であったため、母親の変な料理を食べて育つ課程で、味覚・料理に関する常識が変質してしまった

 

 

 

 

プライドが高いせいで、反省・自省ができない

  • プライドが高すぎて、「もしかすると、話し相手の方ではなく自分の方が間違っているかもしれないと反省すること」「他者からの注意・忠告を素直に聞き入れること」ができない
    • 自身が作った料理が不味いことを指摘されると、キレる・泣きわめいて、相手の要求を取り下げさせるなどの反応を取る

 

「プライドが高すぎて、そのせいで反省したり考え方と調理方法を変えることができないこと」が、
メシマズ嫁の料理がなかなか改善しないことの主な原因であると、各方面で言われ続けています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
危険回避のための知識
シュテるんをフォローする
シュテるん

約7年間、いろいろなブログを運営する仕事をしています。
世の中の複雑なことを、簡潔にわかりやすく解説することが得意です。
静岡県出身で、現在は埼玉県で生活しています。

シュテるんをフォローする
ステラアルター

コメント

タイトルとURLをコピーしました