現代の令和時代の若者の、物欲の低下など3つのお金の価値観

 

現代の令和時代の若者達の、お金についての価値観について解説します。

 

スポンサーリンク

現代の令和時代の若者達の、お金についての3つの価値観

 

 

1「以前の時代よりも、物欲全般が低下した」

生まれた時点ですでに満たされていて、欲しいものがあまり無い

現代の若者達は、生まれた時点ですでに

  • 安全で快適な造りの住居
  • 冷蔵庫やクーラーや洗濯機などの生活家電一式
  • 自家用車
  • インターネットを活用できるスマートフォンやPC
    • ネットを利用することで、ゲーム・音楽・漫画や小説などの書籍といった娯楽が次々と手に入る

といったものが両親によって用意されており、

最初からかなり物欲が満たされた状態にあるため、それによってある程度物欲が抑えられていると思われます。

 

 

ブランド品に、ほとんど執着しない
  • 日本のバブル経済期で見られた「有名ブランド品を、大枚をはたいて購入する」といった人々の行動は、現代の若者達にはほとんど見られない
    • 「ブランド効果による見栄(みえ)よりも、コストパフォーマンスの高さを選ぶ」というように若者達の多くが考えるようになったから
    • 生産技術の向上により、有名ブランド品でなくても十分に高品質・高性能であることが多くなり、そのせいでブランド品の価値が以前の時代よりも低下したから

 

戦後の高度成長期~バブル経済期では
「良いものを買ったり浪費をすることが、ステータス」という認識が社会通念になっていましたが、
令和時代では
「浪費をしたりいたずらに高いものを購入することはかっこ悪く、コストパフォーマンスが高い商品・サービスを購入することがかっこいい」という認識が若者の間で一般的になりつつあります。

 

 

 

 

2「消費行動が、スマートフォンを使った各種行動に片寄りつつある」

  • ソーシャルゲームで、ゲーム内で各種の優遇措置を受けるための課金
  • 電子書籍(電子版の漫画・書籍・雑誌など)を購入する
  • 月額定額で動画見放題・書籍の読み放題・音楽聴き放題などの、サブスクリプションの料金の支払い

 

スマートフォンでWebコンテンツを閲覧するだけでも非常に良い暇つぶしになるうえに、

現代ではスマートフォンでゲーム・音楽・漫画・映画やドラマやアニメなどの動画が楽しめるWebサービスが非常に充実しているため、

現代の若者の娯楽の大部分は、スマフォ1つで完結していると言えます。

このように、現代社会で人気のWebサービスをスマートフォン・PCで活用することが、現代人の娯楽の主流になりつつあります。

Amazonプライム(アマゾンプライム)」は、非常にたくさんの映画・ドラマ・アニメが見放題になり、200万曲以上の楽曲が聴き放題になり、

しかもamazonの配送料が無料になるなど複数の特典がある、1ヶ月間無料で試せる人気サービスです。

 

 

 

 

3「必死に働いてがっつり稼ぐことよりも、ほどほどに稼ぐことを選択する」

  • 「企業の中で同僚と競争をして、競争に勝って管理職に出世すること」に、あまり魅力を感じない
  • 「安定的に収入を得られる代わりに、週五のハードワークが義務づけられる正社員」に固執しないようになり、
    派遣社員・契約社員を選択する若者や、Webビジネスで稼ぐ道を模索する若者が増え始めた

 

本項目の原因は、

本記事での1「以前の時代よりも、物欲全般が低下した」で解説したように、若者の物欲・金銭欲自体が低下したことや、

社会での終わりのない過酷な競争にうんざりして、競争から降りることを選択した若者が増え始めたことです。

 




「昭和~平成」と「令和」の、お金についての価値観の違い

昭和~平成令和
「お金を稼ぐこと」についてできる限り多額の金銭を稼ぐことが推奨されていた多額のお金を稼ぐことはあまり求められていない
企業の賃金や雇用状況企業の正社員になることは容易であり、賃金は高かった正社員になることは困難になり、賃金は低い傾向にある
社会の人々の価値観「ぜいたくをすること」が最大の幸福であると、みんなが信じていた価値観が多様化し、それによってお金以外のものも重要視されるようになった

 

 

上の比較図に記したように、

現代の令和時代の若者達のお金の価値観は、

「賃金が低くなった今の社会の状況に適応したもの」
「娯楽が多様化し(特に、ネットを用いた情報分野での娯楽が充実した)、金銭の浪費をともなわないタイプの娯楽も好まれるようになった

という事情に由来しています。

 

本ブログでの、現代の若者の仕事の価値観を解説する記事↓も合わせてご覧下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
社会での現象
シュテるんをフォローする
シュテるん

約7年間、いろいろなブログを運営する仕事をしています。
世の中の複雑なことを、簡潔にわかりやすく解説することが得意です。
静岡県出身で、現在は埼玉県で生活しています。

シュテるんをフォローする
ステラアルター

コメント

タイトルとURLをコピーしました