世の中のニート達が働きたくない、面接が恐い等6種類の理由

 

世の中のニート達が「働きたくない」と思う主な理由について解説します。

 

スポンサーリンク

ニートが働きたくない、主な6つの理由

 

 

1「企業で働く段階までに必要な、面接などの行為が嫌だから」

  • 履歴書を書くこと
    • 面接にエントリーするために、履歴書に加えて「職務経歴書」の提出を求める企業も多く、職歴がゼロのニートには職務経歴書が書けない
  • 面接のために、現地の企業まで電車やバス等を使って移動すること
  • 面接官を相手にして面接を受けること

 

これらの行動に対して、

「非常に面倒くさい」「不安だったり恐い」

という感覚を抱いていて、そのせいで企業就職が難しい、というケースが非常に多いと言われています。

 

 

 

 

2「欲望が小さすぎて、労働をするための動機がゼロに近いから」

  • ニートは欲望が過度に小さい場合が多く、
    そのせいで、「お金や、社会に所属している実感が欲しいから、社会で働きたい」という気持ちになれないことが多い

 

「生まれつき、その人の性格が無欲すぎる」という原因のパターンに加えて、
両親による過保護・過干渉な教育を受け続けると、子どもの欲望が萎縮して将来的にニート化しやすくなると言われています。

 

 

 

 

3「能力が低くて、そのせいで社会で働くことが困難だから」

ストレス耐性が低すぎる
  • 他者から注意されたり、叱責を受けること
  • 自身が「つまらない」「大変」だと感じる作業を、連日続けること
    • 主に、これらのリストの行為で受けるストレスに耐えることが難しい

 

 

体力あるいは気力が低すぎる
  • 体力が低すぎる場合、1日8時間~10時間程度の労働を週五のペースで継続することが困難になり、早々に社会から脱落してしまう
  • 気力が低すぎる場合、
    自分が「嫌だと感じること」「面倒くさいと感じること」について「頑張って乗り切ろう」と奮起することが困難になり、早々に社会から脱落してしまう

 

 

事務処理能力が低すぎる
  • 理解力
  • 記憶力
  • 情報の伝達能力
  • 書き損じや記入漏れの無いように書類を仕上げること
    • 主にこれらの能力が低いせいで、企業での業務をするうえでミスが多発する

 

 

 

 

4「自主性がなさ過ぎて、就職について何も決められないから」

  • 自分が働きたい業界・企業を、自分だけでは決められない
  • 「自分の性格傾向・能力傾向を活かせる仕事」を、自分だけでは分析できなかったり活かせる仕事を決められない
  • 自主性が欠如しているせいで、
    「自分の力でお金を稼いで、自分の力で生活していく(自立した生活を送ろうとすること)」という考えが希薄すぎる

    • 上記のリストのように、その人の自主性が低すぎる場合、就職すること・働くことがかなり困難になってしまう

 

自主性が低くて企業就職が困難である場合、ニート状態の人を企業就職させてくれるサービスを利用することもぜひ検討するべきです。

若者正社員チャレンジ事業」はニート・フリーター・既卒者の正社員就職を無料でサポートしてくれる、専門の就職支援サービスです。

 

 

 

 

5「コミュニケーション能力に難があるから」

  • 他者と話したり、人間関係を長期的に維持することに、強い抵抗感・恐怖感を覚えている
  • プライドが高すぎて高慢な態度が多く、そのせいで行く先々で問題を起こしてしまう
  • 卑屈すぎる性格をしていて、他者と接していると強い劣等感を覚えて辛くなる
    • たとえば、これらがコミュニケーション能力に難があることの例

 

コミュニケーション能力があまり求められない、
「在宅ワーク」「PCとインターネットを使った、アフィリエイトなどのWebビジネス」であれば、比較的働きやすいと言われています。

 

 

 

 

6「その人の社会性が低すぎるから」

  • 「社会での集団に所属して、そこの集団でのルールに従う」ということに、強い抵抗感を覚えている
  • 「社会の大多数の人達が乗っているレール」に、自分も乗ろうとする意識・執着心が薄い
  • 「言動を常識的なものにしたり、身だしなみを整えて、それらによって他者達に受け入れられること」を面倒くさがっている
  • あまりにも理想が高すぎて、就職を始めとしたいろいろな物事について妥協的判断ができない

 

その人の社会性が低すぎる場合、上記の内容に加えて、

本記事の5「コミュニケーション能力に難があるから」で解説したようなコミュ障状態にもなりやすくなり、そのせいで余計に企業就職が困難になります。

 

「社会や集団の中に溶け込むように努力する」「理想や完璧さにこだわろうとせず、妥協したり、やりたいことではなく自分にできることを選択する」
といったことで、社会性を獲得できて就職しやすくなります。

 

本ブログでの、企業就職ができたニート達を解説する記事↓も合わせてご覧下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
社会での現象
シュテるんをフォローする
シュテるん

約7年間、いろいろなブログを運営する仕事をしています。
世の中の複雑なことを、簡潔にわかりやすく解説することが得意です。
静岡県出身で、現在は埼玉県で生活しています。

シュテるんをフォローする
ステラアルター

コメント

タイトルとURLをコピーしました