恋愛を必要としている人達の特徴と、恋愛が不要な人達の特徴

 

恋愛を必要としていて恋愛適性が高い人達の特徴と、

恋愛が不要であり恋愛適性が低い人達の特徴を、それぞれ解説します。

 

スポンサーリンク

「恋愛を必要としている人達」に共通する、5つの特徴

 

 

1「人が好きな性格をしていて、社交的なタイプであること」

  • 生まれつき、他の人間達と交流することが好きな性格
  • 社交的な性格をしていて、他の人達と交流することがとても楽しく感じられたり、交流することを人生において重大だと感じている
    • 上記のリストのような性格をしている場合、「恋愛」を必要な物事として求めることが多くなる

 

人が好きな性格であると、

恋愛をして恋人といっしょに過ごすことや、恋愛の先の結婚(家庭を築き、子どもをもうけて家族を形成すること)も、その人にとっては歓迎すべき状況になるため、

恋愛をすることを強く求めるようになることが多くなります。

 

 

 

 

2「遊ぶことが好きであり、遊びの優先度がかなり高い」

  • 遊び(特に、屋外での娯楽施設や飲食店や旅行先などで楽しむこと)が大好き
    • 遊ぶことが、「勉強あるいは仕事を頑張ること」「夢を叶えること」などよりも優先される場合、恋愛が必要になることが非常に多くなる

 

異性との恋愛は『娯楽』としての性質が強いため、
遊ぶこと・娯楽を味わうことの優先度が高いタイプの人は恋愛に向いています。

 

 

 

 

3「恋愛という行為や、異性に対して、強いあこがれを抱いている」

  • 友人から聞いた恋愛の話や、映画やドラマや小説などの創作物での恋愛の描写の影響を受けて、恋愛という行為に強くあこがれている
  • 異性について、強い魅力を感じている
    • これらの強いあこがれ・魅力を感じている場合、恋愛を必要とすることが非常に多くなる

 

恋愛を始める場合、現代ではネット・スマートフォンを利用して異性と知り合うハードルを下げることが非常に効果的です。

ハッピーメール」は会員数2500万人以上という人気と有名さをもつ、異性と知り合える恋愛SNSです。


 

 

 

 

4「さびしがり屋な性格であり、孤独状態に耐えられない」

  • さびしがり屋であり、長時間、独りで過ごすことや誰とも話さないことが耐えがたい苦痛になる
    • この問題を解決するための話し相手・コミュニケーションを取る相手として、異性と恋愛をすることが有効である場合がかなり多い

 

 

 

 

5「”普通の性格”と呼ばれる性格に近い」

  • 社会における常識
    • 常識の中でも特に「男女は恋愛をするもの」「社会人は結婚をするもの」という常識を重視する人
  • 世間体
    • これらの世間体・社会の常識を重んじる「普通の性格」の人間である場合、恋愛が必要になることが多い

 

上記のような、「社会における常識」「世間体」などを重んじるいわゆる”普通の性格”である場合、

社会での周りの人達に合わせようとして、恋愛することを求める傾向が強くなります。

 




「恋愛が不要な人達」に共通する、4つの特徴

 

 

1「我(が)が強い性格をしている」

  • 自分自身の考え方・思想
  • 自分がやりたいこと・目的・目標
  • 自分の好み
  • 自分が嫌いなこと
    • これらが明確に定まっていて、我が強い性格をしている

 

我が強い性格をしている場合、

「自分が一番大事」「自分の心の内面に、他者が入る余地が小さかったりあるいはゼロ」

という状況になりやすく、そのせいで恋愛が不要になりやすくなります。

 

 

 

 

2「達成したい目的・夢などをもっていて、そのせいで忙しい」

  • 学業・仕事・趣味などにおいて、達成したい目的・目標・夢があり、それを叶えるためにあれこれと忙しい
    • 忙しいため、異性との交際・デートに時間と労力を割くことを容認できない状況にある

 

 

 

 

3「生まれつき、社交性が低い」

  • 他者と面と向かって関わり合うことが、かなり苦手だったり苦痛を覚える
  • 性格的に、他者に対する「興味」「好奇心」が薄かったりゼロに近い
    • 特に、「興味」「好奇心」が薄い場合は、異性と恋愛をする動機の大部分が無くなるため、恋愛適性が大幅に低下してしまう

 

自分独りでいることに安息を覚え、他者といっしょにいることはものすごく気疲れしたり大きなストレスを感じる」
という場合、恋愛の適性は非常に低いものになります。

 

 

 

 

4「いろいろな意味で、自分独りで完結している人」

  • 「自分という人間にとっての、幸福の形」を正確に把握できている
    • これに加えて、幸福の実現に向けて努力中だったり、実現した幸福を維持していることが多い
  • かなり能力が高く、仕事をしてお金を稼ぐことはもちろんのこと、家事全般も問題なくこなせる
  • 「生きがい」があり、その生きがいに没頭していれば、他には特に求めるものはない
  • 「自分の生き方・考え方」「今の自分の人生の状況」を気に入っているため、それを恋愛等で他者にかき乱されたくない
    • 上記のリストのように、自分独りでライフスタイルが完結している場合、「恋愛をして、他者と足りない部分を補い合うこと」の必要性自体が無くなってしまう
スポンサーリンク
スポンサーリンク
恋愛と結婚
シュテるんをフォローする
シュテるん

約7年間、いろいろなブログを運営する仕事をしています。
世の中の複雑なことを、簡潔にわかりやすく解説することが得意です。
静岡県出身で、現在は埼玉県で生活しています。

シュテるんをフォローする
ステラアルター

コメント

タイトルとURLをコピーしました