スマートフォンを過度に使うことで受ける、3種類の悪影響

 

スマートフォンを過度に利用することで受ける、各種の悪影響について解説します。

 

スポンサーリンク

スマートフォンに依存することで受ける、つの悪影響

 

 

1「そばにスマートフォンがあるせいで、『集中力』がいちじるしく低下する」

  • LINEのメッセージ通知や、その他のスマフォアプリからの通知
  • お気に入りのサイト・ブログが更新していないかの確認
  • ソーシャルゲームで遊んだり、新着イベントをチェックすること
  • SNSをのぞいたり、自身のアカウントからメッセージを投稿すること
  • 動画サイトで動画を閲覧すること
    • これらの通知や行為のせいで、本来やるべき勉強・仕事などの作業に集中できなくなってしまう

 

集中力が低下することに加えて、

食事中や、友人や家族との会話中など、本来はスマートフォンを触るべきではない場面でもスマフォをいじっているという、スマートフォン中毒状態になりやすくなります。

スマートフォンを、「際限なく、自分の時間を吸い上げる危険な装置」と認識した方が良い場面が多いと考えられます。

スマートフォンで無目的にネットを見続けるよりは、スマフォを使って読書をした方が有効な時間の使い方と言えます。

kindle unlimited(キンドル アンリミテッド)」は、200万冊以上の書籍・漫画・小説が月額定額で読み放題になり、しかも1ヶ月間無料で試せる、

たくさんの人達に愛用されているお得なサービスです。

 

 

 

 

2「身体の健康に、複数の悪影響をおよぼす」

寝不足状態になりやすくなる

夜、就寝のために布団に入った後も30分から1時間以上スマホをいじっていることが多くなり、

そのせいで睡眠時間が削られて睡眠不足状態になりやすくなります。

また、

スマートフォンの画面から発せられるブルーライト(波長が短くて、強いエネルギーがある光のこと)は、目を冴えさせて入眠を困難にする効果があり、

その効果のせいで余計に寝不足状態になってしまいます。

 

睡眠不足状態は、
・集中力がいちじるしく低下する
・心の余裕が無くなってイライラしやすくなる
・休養不足状態になり、体力が低下する
・免疫力が低下して、風邪などの病気にかかりやすくなる
といった、深刻な悪影響を心身にもたらします。

 

 

眼精疲労状態になりやすくなる

スマートフォンの小さな画面を見つめ続けることで、目に過度の負担がかかるようになり、

以下のような眼精疲労の症状を呈するようになります。

  • 目の異変
    • 「目が痛い」「目に疲労感を覚える」「目が乾燥する」「目がかすむ」などが例
  • 頭痛
  • 吐き気
  • 肩こり
  • 側頭部がハゲる

 

 

 

 

3「その人の情報処理能力が低い場合、スマートフォンに振り回されてしまう」

  • ネット上で流布している、荒唐無稽な陰謀論を信じ込んでしまう
  • ネット上に大量に存在するネガティブな情報のせいで、不安や恐怖や厭世観にとらわれて行動を起こせなくなってしまう
  • SNSやネット掲示板などの場で、他のユーザー達と不毛なレスバトルを繰り返してしまう
  • ネット上のコミュニティーのユーザー達と、なあなあの関係でつながり合うことで、個人としての決断や決断にもとづいた果敢な行動を取ることが困難になる

 

「その人に処理しきれない情報」「その人が、俯瞰(ふかん、高い所から見下ろすこと)の視点で見ることができない情報」

は、非常に高い確率で、その人には”毒”として作用します。

したがって、

その人の情報処理能力が低い場合、スマートフォンを使ってネット上の情報に触れ続けていると、あれこれの悪影響を受ける可能性が高くなります。

 




スマートフォンによる悪影響を避けるための、効果的な方法

 

 

  • 理想は「必要な調べ物や連絡をする時にだけ、スマートフォンを操作する(必要な時以外はスマートフォンを触らない)」
    • この理想を実現できるように、無目的にスマートフォンをいじらないように注意したり、必要度が低い娯楽系アプリやサイトのブックマークなどはスマフォから削除する
  • いっそのこと、twitterやFacebookやInstagramのようなSNSのアプリをスマフォからアンインストールしたり、SNSのアカウントを削除してしまう
    • SNSは、時間を取られる割には得られるものが小さすぎるため
  • 自宅にノートPCあるいはデスクトップPCを設置し、調べ物や文書の作成などをPCでも行うようにする
    • PCの方がスマートフォンよりも「はるかに画面が大きくて、一度に目視できる情報量が多い」「あらゆる処理速度が勝っている」ので、
      腰を据えた作業をする際にはPCの方がずっと効率的
    • 平時からPCで調べ物や各種の作業をすることで、必然的にスマートフォンをいじる必要性が低下してスマートフォンに縛られることが少なくなる

 

スマートフォンでできることは
「文章や動画を閲覧する」「ゲーム等で遊ぶ」「音楽を聴く」など、そのほとんどが消費行動であるので、
スマートフォンしか触っていない人は、PCを使って創造的な作業ができる人達に遅れを取ることが非常に多くなります。

 

本ブログでの、スマートフォンによる社会の変化を解説する記事↓も合わせてご覧下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
社会での現象
シュテるんをフォローする
シュテるん

約7年間、いろいろなブログを運営する仕事をしています。
世の中の複雑なことを、簡潔にわかりやすく解説することが得意です。
静岡県出身で、現在は埼玉県で生活しています。

シュテるんをフォローする
ステラアルター

コメント

タイトルとURLをコピーしました