上京が成功する人・失敗する人の違いと、上京した方が良い人

 

上京(もともと住んでいた田舎から、都会へと移り住むこと)が成功する人と失敗する人の、

各種の違いを解説します。

 

スポンサーリンク

上京後に、上京が成功する人と失敗する人のそれぞれの違い

 

 

上京後、都会で生活を定着させることができたか、できなかったか

成功する人は、仕事や人間関係が上手く行っている
  • 企業就職ができて、定期的に収入を得ることができるようになった
  • 上京先での「通っている学校」「勤務している企業」などで、友達・話し相手がいるため、孤独状態ではない

 

 

失敗する人は、上京後に生活が定着できていない
  • 正社員として企業就職できずに、「フリーター」「派遣社員・契約社員」といった生計が不安定な就労状況にある
  • 上京先で、友達・話し相手がゼロに近い状況であり、酷い孤独感に苦しんでいる

 

 

 

 

上京後、『都会での生活』が自分に合っているか、合っていなかったか

成功する人は、都会での華やかな生活が好きで肌に合っている
  • 日々精力的に働いて、獲得した多額の給金で「買い物」「各種の娯楽サービスを味わう」という行為に、強い魅力・大きな価値を感じている
  • 「華やかな都会で暮らしている自分」が好きだったり、誇らしい気持ちを感じている

 

 

失敗する人は、都会での生活が肌に合っていない
  • のどかな性格であり、「必死に働いて、がっつり稼いで、稼いだお金で消費行為を継続する」というせわしない生き方に拒絶反応が出てしまう
  • 都会において、自分がそこに住んでいることに強い「違和感」「場違い感」を感じている

 

 

 

 

『上京すること』について、明確な目的があったか目的が無かったか

成功する人は、強い目的があって上京をした
  • 都会には高賃金の仕事・企業がたくさんあるため、そういった仕事をしたい
  • 都会に本社があるような有名企業に入りたい
  • 都会で暮らすことで、見聞を広めたい
    • たとえばこれらが、明確な目的の例

 

 

失敗する人は、これといった目的を持たずに上京してしまった
  • 「都会に、なんとなくあこがれていた」「なりゆきで、都会で暮らすことになった(たとえば、進学先の大学がたまたま都会にあった、など)」
    のように、特定の明確な目的を持たずに上京をした

    • 『都会に留まり続ける、はっきりとした理由』が無いため、ふとしたきっかけで田舎へ帰るようになってしまう

 

以上のことから言える、上京すると得をしやすい人の3つの特徴

 

 

1「自分の可能性をもっと広げたいと考えている」

  • 有名企業・大企業で働いて、高収入を得たり、それらの企業で大きな仕事に関わることで社会への影響力をもちたい
  • 田舎では出会えない、優れた能力・才能・業績などをもつ人物と接したい
  • 都会ならではの多種多様な店舗・娯楽サービスを楽しみたい
    • たとえば、上記のリストのようなことを達成して、自分の可能性を大きく広げていきたい

 

 

 

 

2「若くて、活力・体力・精神力が充実している」

  • 若い人(だいたい、20代までの人)ならば、気力・体力が充実しているため、都会で自身の生活を定着させることも高確率で成功する
    • 「企業で正社員として勤務している」「派遣社員・契約社員なので、不安定ながらもそれなりの額の月収はある」という条件が前提

 

自身が30代や40代になると、
活力・体力・精神力が衰えて、そのせいで新しい生活をいちから始めることが無理のように感じられたり、実家の年老いた両親の面倒を見る必要が出てくるため、
年を取れば取るほど上京することが困難になっていきます。

 

 

 

 

3「都会に強いあこがれを抱いていたり、田舎に嫌悪感を覚えている」

  • 「街が、たくさんの人達でにぎわっていて活気がある」「商業施設が非常に充実している」などの特徴をもつ都会に、強いあこがれがある
  • 自身が今住んでいる田舎に、閉塞感・時代遅れ感などを感じていて、田舎から脱出したいと強く思っている
    • 田舎における、「自身を取り巻く人間関係」「不仲である家族との関係」と距離を取りたいという場合も、上京する理由として有効
スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活
シュテるんをフォローする
シュテるん

約7年間、いろいろなブログを運営する仕事をしています。
世の中の複雑なことを、簡潔にわかりやすく解説することが得意です。
静岡県出身で、現在は埼玉県で生活しています。

シュテるんをフォローする
ステラアルター

コメント

タイトルとURLをコピーしました