高学歴になった人達が有名大学に合格できた、主な3つの原因

 

「高学歴になった人達が、有名大学の入試に合格できた理由」の種類を解説します。

 

スポンサーリンク

高学歴になった人達が、難関大学に合格できた3種類の原因

 

 

1「知的好奇心が非常に強くて、そのおかげで勉強を遊びの感覚で継続できる」

生まれつき、好奇心が強いタイプの性格であり、

  • 「学校での勉強内容」も含めて、世の中の物事を知ることが楽しい・好き
    • 知ることが楽しかったり好きであるため、学習行為・勉強行為がそれほど苦にならない

という事情により、

勉強が得意になって、有名大学の入試に合格しやすくなります。

 

 

 

 

2「それなりに基礎知能が高くて、なおかつ、受験対策を的確に行った」

  • その科目の基礎を入念に固めて、試験本番でミスを減らして手堅く得点できるようにしている
  • 基礎を固めてあるため、「応用問題(基礎要素同士を組み合わせた問題)」も解きやすくなるし、
    勉強の努力を継続して応用問題を解き慣れている
  • 「志望大学である難関大学」の入試問題について、個人の努力や学習塾の助けを借りて、きちんと対策ができている

全国的に名前が通っている難関大学に合格するには、

「本人の生まれつきの知能がそれなりに高いこと」「適切な受験対策」の2つが、どうしても必要になります。

 

 

 

 

3「生まれつき、基礎知能が非常に高い」

  • 基礎知能が非常に高いおかげで、勉強で特に苦も無く「難関大学の合格圏内」の学力を手にしている
    • 「両親が有名大学卒であり、家がかなり裕福」という家庭に、本項目の基礎知能が非常に高い人物が生まれやすい
      • 「高学歴の両親から、高知能が遺伝した」という可能性が非常に高い
    • 遊びや趣味や恋愛の片手間に、勉強と入試対策をして、あっさりと難関大学に合格してしまうことが多い

 

高学歴になった人達の、大学受験までの人生パターン

 

 

それなりの素質がある人が、猛勉強の末に難関大学に合格するパターン

  • 小学校から塾通い
  • 優れた進学実績がある私立中学校を受験して、合格する
  • 県内で最上位レベルの進学校(高校)を受験して、合格する
  • 中学・高校ともに、難関大学の受験を前提としたタイプの学習塾に通う
  • 学校と塾できちんと勉強することに加えて、自宅でも受験対策の勉強を継続する
  • 現役では合格できなかったが、1年間程度の浪人により、難関大学に合格
    • たとえば、上記のリストが本項目の人生パターンの例

 

それなりに高知能で勉強の素質に恵まれた子どもが、

ほぼ勉強漬けの日々を送って難関大学の受験対策をして、難関大学に合格して高学歴になるパターンです。

本項目に自身が当てはまるかどうかの分かりやすい指標として、
・自身が在籍している「中学」「高校」が、県内である程度名前が通っている有名校・進学校であること
(つまり、後に高学歴になることの前兆と優れた実績があること)
が挙げられます。

 

 

 

 

極めて優れた素質ゆえに、ごく自然のなりゆきとして難関大学に合格するパターン

  • 本人としては必死に勉強しなくても、自然に進学校に入学して、有名大学の入試にも当たり前のように合格できた
    • 基礎的な知力が非常に高いため、遊びや交友や恋愛と並行して勉強で多大な成果を出す事ができる

 

本記事の「それなりの素質がある人が、猛勉強の末に難関大学に合格するパターン」の内容と人生パターンが重複している場合が多いですが、

こちらの場合は、「自身の学力レベルと釣り合う学校を選択した結果、県内で最高位の進学校に入学することになった」という、自然のなりゆきが原因になっています。

東大や京大といった旧帝国大学や、早慶などのトップ私立大において、

それらの大学に在籍する学生達のうちの上位層は、本項目の人生パターン(遊びの片手間に、難関大学に合格した)に該当することが多いと言われています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
利益になる知識
シュテるんをフォローする
シュテるん

約7年間、いろいろなブログを運営する仕事をしています。
世の中の複雑なことを、簡潔にわかりやすく解説することが得意です。
静岡県出身で、現在は埼玉県で生活しています。

シュテるんをフォローする
ステラアルター

コメント

タイトルとURLをコピーしました