太っている人が生活で大変な3つの事と、痩せた方が良い理由

 

「太っていることが起こる、大変なこと」の主な種類を解説します。

 

スポンサーリンク

太っていることで大変な、主な4つのこと

 

 

1「とにかくたくさん食べるせいで、食費がかかりすぎる」

  • 1食分の料理の分量がかなり多い
  • 1日3食よりも多い、1日4食や1日5食というパターンもまれにある
  • 食後にデザートを食べる場合が非常に多い
  • 朝食・昼食・夕食以外に、間食としてお菓子・ジュース・菓子パン等を食べている場合が非常に多い
    • これらの事情から、多額の食費がかかり、そのせいで生活費が圧迫される

 

 

 

 

2「自身が着ることができる服」がなかなか見つからなくて困る

  • 太っているせいで身体のサイズが大きくて、Lサイズの服でもきゅうくつである場合が多い
    • 一般的なアパレル店ではL以上のサイズの服を置いていないことが多く、そのせいで、自身が着ることができる服を用意するのに苦労する

 

 

 

 

3「太っているせいで、体質に複数の問題が生じるようになる」

やたらと汗の量が多い
  • 太っていると、発汗量が多くなり、
    そのせいで「いつも服や手が汗で湿っている」「多量の汗が気化して、そのせいで汗臭い」という事態になりやすくなる

    • 発汗量が多い理由は、「皮下脂肪が厚い」「内臓脂肪が多い」という事情から身体の内側に体温がこもりやすく、
      それを解決するために汗(身体を冷やす効果がある)の量が増えるから

 

 

股擦れ(またずれ)がよく起こるようになる

太っていて、足の太ももが非常に太くなっているため、

歩く際に両足の太もも同士がこすれあって、こすれあった部分の皮膚が傷つくことが多くなります。(このことが「股擦れ」と呼ばれています)

また、股擦れを起こしている部分のズボンの生地が、急速に傷んで破れることも多くなり、ズボンがはけなくなることも多くなります。

 

 

 

 

4「他者から、珍しい物を見る目で観察されることが少なくない」

平均的な体型の人達よりも大幅に太っているせいで、

他者達から奇異の目で見られることが多かったり、知人・友人に体型に関してイジられることが多くなります。

 




「太っている状態」をなるべく解決した方が良い、2つの理由

 

 

健康面での、複数の深刻な問題があるから

身体中の血管へ、大きな負荷がかかる
  • 食べ過ぎのせいで塩分の過剰摂取状態になり、それによって高血圧状態になり、身体中の血管へ大きな負荷がかかるようになる(負荷がかかると血管が破れやすくなる)
  • 食べ過ぎのせいで高血糖状態になり、高血糖状態だと血管の壁が傷ついたり、血液が糖分でドロドロ状態になるので血行不良状態になる
  • 脂っこいものの食べ過ぎで、脂質異常症になり、それによって動脈硬化が進行しやすくなる
    • 上記のリストのような血管の問題により、「糖尿病」「心臓病」「脳卒中」などの深刻な病気の発症率が大幅に高まってしまう

 

 

体重がありすぎるせいで、骨・関節へ大きな負荷がかかる
  • ひざ
    • 特に、「階段などを上り下りする時」「走る時」に、非常に大きな負荷がひざにかかって、ひざを痛めやすい
    • 腰に過度の負荷がかかって、腰痛の原因になる

 

 

 

 

「他者が、こちらへ抱く印象」が悪いものになりやすくなるから

  • 「自分の食欲・欲望を制御できない人」「自己管理ができない人」と、他者に評価されやすくなる
  • 「太っている容姿を、マイナスに評価する」という人が多数派であるため、容姿に悪い評価が下されたり、
    容姿から由来する悪い印象のせいで、性格や能力についても悪い評価が下されやすくなる

    • これらにより、プライベートでの人間関係や、勤めている企業の中での評価において、不利な立場になりやすくなる
スポンサーリンク
スポンサーリンク
危険回避のための知識
シュテるんをフォローする
シュテるん

約7年間、いろいろなブログを運営する仕事をしています。
世の中の複雑なことを、簡潔にわかりやすく解説することが得意です。
静岡県出身で、現在は埼玉県で生活しています。

シュテるんをフォローする
ステラアルター

コメント

タイトルとURLをコピーしました