仕事ができる人達の4つの特徴と、仕事ができない人達の特徴

 

仕事ができる人達の特徴と、

仕事ができない人達の特徴を、それぞれ解説します。

 

スポンサーリンク

「仕事ができる人達」に共通する、4つの特徴

 

 

1「仕事のやり方・進め方の特徴」

仕事が的確で、なおかつ、効率的
  • 仕事での作業が、ミスが少なくて確実
  • 「問題解決に直結する行動」を取ることができるため、非常に効率的に問題を処理していくことができる
  • 「その仕事の、計画の全体像」を正確に把握している

 

 

あらゆることについて、行動が早い
  • 仕事に取りかかり始める時期・時間帯が早い
  • 判断が早く、ある課題について取りかかることが早かったり、あるいは、ダメそうだったら見切りを付けて撤退することが早い
  • 電話やメールでの連絡・返事が早い
  • 他者との交渉で、「話が早い」という状況になりやすい
    • 「相手の要求や伝えたいことをすぐに察して、要求に応じたり、スムーズに便宜(べんぎ)をはかることができる」ということが、話が早いという状況

 

 

請け負った仕事は、できうる限り完遂しようとする
  • 根気強く、執念をもって、請け負った仕事に取り組み続ける
    • 「粘り強い」「継続する」といった特徴を備えている

強い「責任感(課せられた役目を途中で放棄せずに、やり遂げようとする気持ちのこと)」を備えている、

というのが、仕事ができる人達に共通する大きな特徴です。

 

 

 

 

2「”人当たりが良い態度”を、意識して演出している」

  • 笑顔
  • 機嫌が良さそうな表情・声色
    • これらを、たとえ内心はイライラしていたとしても、きちんと演出できる
    • 人当たりが良い態度を取ることで、話し相手や顧客の警戒心を解くことができる

 

 

 

 

3「仕事での人間関係の特徴」

  • 職場の上司・同僚とは対立せずに、協調して行動することで、良好な人間関係を維持している
    • これによって、「職場で、無駄に敵を作らない」「職場の人達の力を借りることで、仕事を進めやすくする」といったことを実現している
  • 上司へのホウレンソウ(報告・連絡・相談のこと)を欠かさないため、上司の反感を買うことも少ない

 

 

 

 

4「”リスク”や”不測の事態”への対応の仕方」

  • リスクへの対応の仕方
    • 「その課題を処理することに付随するリスク」を、事前に必ず検討し、危険を避けたり危険度を低減させる工夫を行う
  • 不測の事態への対応の仕方
    • 不測の事態が起きてしまった場合は、「決して無理はしない」「関係者へすぐに連絡して、安全策を取ってもらう」など、傷を浅く済ませるための方策を取る

 

「仕事ができない人達」に共通する、4つの特徴

 

 

1「仕事のやり方に、ダメな点がかなり多い」

  • 仕事への集中力が不足していて、
    そのせいで仕事をすることが遅かったり、作業でのミスが多発してしまう
  • 責任感が足りずに、自身が請け負った仕事を途中で投げ出したり、他の同僚へ丸投げして自分は逃げる
  • 「その仕事における、各項目の優先順位の付け方」が不適切である場合が多く、
    本来ならば優先順位が高いものを後回しにしてしまうことが多い
  • 他人を話をちゃんと聞いていない
  • メモを取らず、そのせいで仕事を覚えられなかったり伝達のミスが多発する

 

 

 

 

2「仕事において、手際(てぎわ)が悪い」

  • 準備不足であり、先のことを見据えたあれこれの用意をしていない
  • その仕事の関係者達へ事前に連絡をしていないせいで、いざという時になって混乱が生じる
  • 上司へのホウレンソウをおこたっているせいで、のちのち大きな混乱・不始末が起きてしまう

 

 

 

 

3「仕事に関するあれこれについて、ルーズな態度を取っている」

  • 「出社時刻に遅刻することが多い」「締め切りの日に間に合わないことが多い」など、時間についてルーズ
  • 「自身が、必ず責任をもってするべきこと」「他者へ、必ず伝えるべきこと」などを重く受け止めずに、忘れたり、適当なやり方をすることが多い

 

 

 

 

4「自身のメンタル・気持ちのコントロールが、かなり下手」

  • 仕事でやる業務や職場での人間関係などについて、いつも愚痴を言っている
  • 仕事のミスや上司からの叱責などが原因で、落ち込みやすい
  • プライベートで嫌なことがあってイライラしていると、仕事においてもイライラを他者にぶつけてしまう
  • プライドが高くて、「自分のミス・不手際」「自分の努力不足が招いた失敗」を素直に認められずに、そのせいで自身の仕事のやり方を改善できない

今現在の仕事内容が、自身の適性とは合っていない場合、強い不快感・違和感のせいで本当の実力を出すことができなくなります。

そのため、自身の適性に合った職業への転職も検討するべきです。

リクナビNEXT」は、優良企業の求人が多くて企業側からのスカウトもひんぱんにかかる、無料の転職サイトです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
働き方
シュテるんをフォローする
シュテるん

約7年間、いろいろなブログを運営する仕事をしています。
世の中の複雑なことを、簡潔にわかりやすく解説することが得意です。
静岡県出身で、現在は埼玉県で生活しています。

シュテるんをフォローする
ステラアルター

コメント

タイトルとURLをコピーしました