モテるために役立つ、女性が恋愛で重視する主な4つの価値観

 

女性にとっての恋愛観を解説します。

本記事を参考にすることで、恋愛における女心を理解し、恋愛を有利に運ぶことができます。

 

スポンサーリンク

女性の恋愛観として、代表的な4つのもの

 

 

1「”集団の中での、上位者である男性”が好き」

  • 集団内での、リーダー的な立場にある男性
  • 集団内で、リーダーではないとしても「発言力が大きい人物」「みんなにしたわれていて、集団の中で大きな存在感がある人物」などの立場が強い男性
    • 「自信がある態度の男性」「ワイルドな態度であり強さを感じる男性」も、女性側から集団内での上位者と受け取られやすい
  • 集団内で、イケメンの部類であり、容姿のレベルが集団内での上位者である男性
  • 集団(社会のこと)の中で、
    「経済力が高くてお金持ちである人物」「社会的ステータスが高い職に就いている人物」「高学歴である人物」など、集団の中での上位者である男性

 

 

 

 

2「”不快感”が少ない男性が好き」

  • 「体臭」「口臭」への対策がしっかりとできている
  • 髪型や服装がきちんと整っている
  • 女性への態度が穏和・さわやかであり、女性に対してがっつきすぎていない
  • 考え方・言動が常識的なものであり、女性が嫌悪感を抱くようなゆがんだタイプのものではない

女性は、男性よりもはるかに

  • 綺麗好きであり、体臭・口臭・不格好な姿へ強い拒絶感を示す
  • 怖がりであり、自身に対して威圧してくる存在へ強い恐怖感・嫌悪感を示す

といった特徴があり、

男性側の常識では問題が無い臭いや服装であっても、女性側の常識からするとNGという場合が多々あります。

ネット上で進める恋愛ならば、服装や髪型などに手間をかけることなく、簡単に女性と恋人関係になることも可能です。

ハッピーメール」は会員数2500万人以上という人気と有名さをもつ、異性と知り合える恋愛SNSです。


 

 

 

 

3「女性が、男性との恋愛において求めるものの種類」

あれこれと、女性を支えたりいたわって欲しい
  • プレゼントや、デートで食事代を負担してもらうなど、金銭面での支援をして欲しい
  • 女性の考え方や言動を肯定したり、女性の考え方に共感して欲しい
  • 女性が困っていたら、問題解決について親身になってサポート・代行して欲しい
  • 会話において、「面白い内容の話」「ジョーク」などによって、女性を笑顔にさせて欲しい

 

 

”自慢の男”が、恋愛相手として欲しい
  • 「女性の同性の友達に、自慢できるだけの男性」が恋人として欲しい
    • イケメンであることや、高収入で社会的ステータスが高い職についていることが、友達に自慢できる男性の目安

 

 

「男性が、これから先も女性を支え続けることができるか」を確認したい
  • 女性からのお願いを、男性が継続的に聞き入れてくれるかどうか
  • 女性の経済面や社会的な立場を、男性が庇護し続けてくれるかどうか
  • わざわざ言葉にしなくても、女性の気持ち・希望を、男性側に読み取って欲しい・察して欲しい
  • 結婚して、生涯にわたって女性を庇護し続けてくれるかどうか
恋愛を通しての、あれこれの「女性側からのおねだり」「女性側のわがまま」は、本項目で解説している確認行為です。

 

 

 

 

4「恋人の乗り換えに、それほど罪悪感を抱いたりためらわない」

  • 今の恋人よりも好条件な男性(よりイケメンであったり、より経済力が高い男性など)が恋人候補に挙がったら、
    今の恋人に不満を抱いて、別れて、その後に好条件な男性へ乗り換えることも、それほど苦では無い
  • 昔の恋人のことはさっさと割り切って、今の恋人・今の恋愛に集中することが自然にできる
    • このことが、「男は過去の恋愛を名前を付けて個別に保存、女は過去の恋愛を上書き保存」という男女での違いを生み出している

本記事の3「女性が、男性との恋愛において求めるものの種類」で解説したように、

基本的に、恋愛において女性は男性を品定めして選ぶ側の立場にあります。

そのため、女性はより条件が良い男性へ乗り換えることに、あまり抵抗が無い傾向が強くあります。

 

本ブログでの、モテる男女の特徴を解説する記事↓も合わせてご覧下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
恋愛と結婚
シュテるんをフォローする
シュテるん

約7年間、いろいろなブログを運営する仕事をしています。
世の中の複雑なことを、簡潔にわかりやすく解説することが得意です。
静岡県出身で、現在は埼玉県で生活しています。

シュテるんをフォローする
ステラアルター

コメント

タイトルとURLをコピーしました