仕事のやりがいの種類と、最終的にお金よりも重要視される物

 

「やりがいを感じる仕事」の、やりがいの内容を具体的に解説します。

 

スポンサーリンク

仕事における、主な3種類のやりがい

 

 

1「仕事の収入・報酬が、かなりの高額であること」

勤めている企業の月給・年収が、かなりの高額

「その仕事をすれば、多額のお金をもらえる」という条件は、仕事のやりがいになります。

 

 

自身の功績次第で、報酬や地位が上がること
  • 歩合制(自身の成約数や売上高に応じて、自身の報酬額が上がる仕組みのこと)
  • 優れた成果を上げることを繰り返せば、社内で出世ができたり待遇が良くなること
    • これらの条件は、仕事におけるやりがいにつながりやすい

 

 

 

 

2「社会への影響が大きかったり、たくさんの人達から注目される」

  • 自身の仕事の成果が、社会の仕組みの一部を改善するなど社会への影響が大きい
  • 「漫画家」「芸能人」「アイドル」「映画監督」など、自身の仕事がたくさんの人達に注目される
  • 「医師」「弁護士」「大企業の社員」など、社会的ステータスが高い職
    • 上記のリストのような仕事は、自分の仕事を誇らしく感じられたり承認欲求が満たされるため、やりがいがある仕事になる
「他者達から求められていることを、はっきりと実感できる仕事」は、やりがいを感じやすいと昔から各方面で言われ続けています。

 

 

 

 

3「自身の大きな願い・自身の才能と、仕事内容がマッチしていること」

自身の大きな願いと、仕事内容がマッチしている
  • 他者の健康状態を改善したい
  • 情報発信をすることで、人々の役に立ちたい
  • 研究して新しい事実を発見し、その発見を社会や学術分野の発展のために活かしたい
    • これらのような「その人が抱いている、大きな願い」を、自身が就いている仕事を通して達成できると、
      自身が就いている仕事が「やりがいがある仕事」になる

以下の文章は、

ネット上で発見した「天職の正体」についての有力な文章なので、ぜひ参考にして下さい。

天職って、やりがいだとかそういうことじゃなくて
自分の生き方とか人生観とか、そういった姿勢みたいなものと協調できるものを言うんだと思う。

いわばその職から何かを得られるからどうのというんじゃなく
自分という存在・パーソナリティー(個性・人格)を仕事と重ね合わせることができる、同一視できるようなものを言うんだと思う。

つまり社会的な仮面と内側に眠る無意識が溶け合って一つになることで、分裂していたものが統合されることを言う。
「私」という個人が生きる事が仕事をするということになる。

生きるために仕事をするんじゃなくて、生きるということが仕事をするってことになるんだ。
そんなふうに思えるのが天職だよ。

 

 

自身の才能と、仕事内容がマッチしている
  • 自身の才能(特定の分野の課題を、普通の人達よりも上手く処理できる能力・性格傾向のこと)を発揮することは、
    非常に気持ちが良かったり、自身の存在価値を周りの人達に証明することになる

    • これにより、「自身の才能を発揮し続けることができる仕事」は、やりがいがある仕事になる

 




仕事を継続した人達が、最終的に重要視するようになるやりがい

 

 

仕事内容や、仕事をする環境が、自分の適性と合っていること

  • 仕事内容が、自身の性格や体質と上手くマッチしており、自身がやっている仕事を「一生できる仕事」だと確信できている
  • 仕事内容が、自身の心身へそれほど大きな負荷をかけないため、自身の健康をおびやかすものではない
  • 仕事における人間関係が、そこまでしんどい・辛いとは感じない

「やりがいがある仕事」に就くためには、自分の適性に合った仕事を見つけることが非常に重要になります。

リクナビNEXT」は、優良企業の求人が多くて企業側からのスカウトもひんぱんにかかる、無料の転職サイトです。

 

 

 

 

自身の仕事内容が健全なものであり、社会正義に反するものではないこと

  • 自身の仕事で生み出し続けている商品・サービスが、「自身が、罪悪感を抱くタイプのものではないこと」が重要
    • これに対して、罪悪感を抱くような商品・サービスである場合、労働中の時間や人生での大きな割合の期間において、心の安息は訪れない

 

 

 

 

仕事を通して、社会へ貢献していること・社会の構成員の一員であることを実感できること

  • 自身の仕事で生み出し続けている商品・サービスが、社会の人々の役に立っていて『社会に貢献できている』と、はっきりと実感できる
  • 仕事を通して社会に貢献することにより、多くの人達から自身の仕事が求められているため、『社会において、自身の居場所があること』をはっきりと実感できる

 

 

 

人間は、仕事において最終的に、

「あくどいことをして後ろめたい思いをしながら大金を得ることよりも、

収入はそこまで重視せずに正しいことを為すこと・精神的な充足感や満足感を得ることの方を優先する

と、よく言われます。

 

本ブログでの、やりたい仕事の見つけ方を解説する記事↓も合わせてご覧下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
働き方
シュテるんをフォローする
シュテるん

約7年間、いろいろなブログを運営する仕事をしています。
世の中の複雑なことを、簡潔にわかりやすく解説することが得意です。
静岡県出身で、現在は埼玉県で生活しています。

シュテるんをフォローする
ステラアルター

コメント

タイトルとURLをコピーしました