自己愛性人格障害の5つの症状と、見下されるなどの被害例

 

人格障害の一種「自己愛性人格障害」の主な症状と、

自己愛性人格障害を抱えている人達から受ける被害について解説します。

 

スポンサーリンク

自己愛性人格障害の主な症状と、原因

 

 

「人格障害」とは、

いちじるしく片寄った考え方をしてしまうために、正常な人間関係を築いたり社会の中に上手く溶け込むことが困難になるという、人格面での障害を指します。

本記事で解説する「自己愛性人格障害」は、複数の種類がある人格障害の中の一種です。

 

 

自己愛性人格障害の主な5つの症状

1「実態と大きく食い違っている、誇張された自己像」
  • 自分は、他の人間達とは違う、特別で偉大な人間
  • 自分は、才能に満ちあふれた人間
    • これらのような、その人の実態とは大きく食い違った主張を繰り返す

 

 

2「他者達からの賞賛や羨望を、渇望する」

「自尊心を満たしたい」という欲求が異常に強く、

自尊心を満たすために、常に他者達からの賞賛の言葉・羨望のまなざしなどを求めています。

そのため、賞賛の言葉をかけさせる道具として他者を利用することが非常に多くなります。

 

 

3「ひんぱんに他者を見下し、そのせいで人間関係でトラブルを頻発させる」

「自尊心を満たしたい」という欲求を満たすために、何かにつけて周囲の人達を見下したり、誹謗中傷の言葉を向けます。

当然、周囲の人達は不快になるため、人間関係でのトラブルが日常的に起こるようになります。

 

 

4「嫉妬」という感情にとらわれている
  • 魅力的な人物や、人望を集めている人物に対して、強い嫉妬心にかられてその人物を憎悪する
  • 周囲の他者達が、自身(自己愛性人格障害者)の能力や人柄などに嫉妬していると思い込んでいる

 

 

5「外面と大きく違っている、もろい内面」
  • 他者からの批判・非難の言葉にいちじるしく弱く、恥をかくことやストレスへの耐性が低すぎる
    • 批判や非難にさらされた場合、容易に激怒したり、ひどく落ち込んで立ち直るのに長い時間がかかる
  • 他者から見下されたり、「口ばかり達者で、実際は大したことない人」と思われることを極度に恐れている
自己愛性人格障害者の内面は実はボロボロ状態であり、それを補うために、過度に外面を飾り立てている、というのが実情です。

 

 

 

 

自己愛性人格障害の原因

  1. 両親から、自己愛性人格障害の因子が遺伝した説
  2. 両親の不適切な接し方や、不適切な教育が原因とする説
    (子どもを過度に賞賛したり甘やかして育ててしまったことや、あるいは、子どもに過度に批判的な態度で接してしまったなど)

 

 

 

全人口のうち、約0.5%の人が自己愛性人格障害を抱えていると推定されています。

自己愛性人格障害の原因は、現在研究中であり、原因はまだはっきりとは特定されていません。

 




自己愛性人格障害を抱えている人からの、主な被害例

 

 

自己愛性人格障害者が自尊心を満たすために、あれこれと利用される

会話において、ひんぱんにマウントを取られる
  • 自慢話
  • 異常に高いプライドが原因の、自画自賛
    • これらによって、ひんぱんにマウントを取られる

 

 

見下すような発言や、誹謗中傷の言葉

他者を見下したり、不当な誹謗中傷の言葉を向けることで、自己愛性人格障害者が自尊心を維持しようとすることが非常によく起こります。

ひどい場合には、

自己愛性人格障害者が優位に立って気分を良くするために、わざわざ衆目の前で特定の人物をこき下ろして恥をかかせようとします。

集団内での「立場が弱い人」「気弱な性格であり、不当な中傷への反論や抵抗が難しい人」は、自己愛性人格障害者のかっこうのターゲットになってしまいます。

 

 

 

 

こちらの人間関係を破壊される

自己愛性人格障害者と友達・知り合いの関係にある人物が、他の人と仲良くしていた場合、

強烈な嫉妬心にかられて、

「自己愛性人格障害者と友達・知り合いの関係にある人物」の根も葉もない悪いうわさを周囲に吹聴する、

といった方法により、人間関係を破壊しようとします。

 

 

 

 

「自身の、異常な正当化」のせいで、周りに被害がおよぶ

  • 自己愛性人格障害者は、常に「自分が正しい」と考えている
    • 他の人達の、客観的に見て正しい意見・判断も、それが自己愛性人格障害者が不利になる内容ならば、間違っていると主張する
    • 自分の非を認めようとせずに、他者に責任転嫁する

上記の事情のせいで、

問題解決のための議論が成り立たなくなったり、責任をなすりつけられる、といった被害が周囲におよぶことになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
危険回避のための知識
シュテるんをフォローする
シュテるん

約7年間、いろいろなブログを運営する仕事をしています。
世の中の複雑なことを、簡潔にわかりやすく解説することが得意です。
静岡県出身で、現在は埼玉県で生活しています。

シュテるんをフォローする
ステラアルター

コメント

タイトルとURLをコピーしました