髪がハゲる3つの前兆と、ハゲることの飲酒等の原因集

 

髪がハゲる前兆と、

ハゲる主な原因を、それぞれ解説します。

 

スポンサーリンク

髪がハゲる、3つの前兆

 

 

1「自身の髪型に、違和感・異変を覚える」

  • 以前よりも、髪のボリュームが減ったように感じる
  • 以前は髪に寝癖が付くことが当たり前だったのに、今は寝癖が付かないようになっている
    • 髪のボリュームが減ったことや、髪の毛にコシが無くなったことが原因
  • 前髪の生え際が、以前よりも後退しているように感じる
  • 頭頂部に手で触れると、髪の毛の層ではなく、頭皮に直接触れるようになることが多くなる

 

 

 

 

2「以前よりも、抜け毛の数が大幅に増えた」

  • ヘアブラシやくしで髪をとかす時、髪が大量に抜けてしまう
    • 抜け毛が、「細くて弱々しい髪の毛」「生えたばかりの短い髪の毛」であることが多くなる
  • 入浴時にシャンプーをする際、両手にからんで抜ける髪の数が、以前よりも多い
  • 起床時、まくらに付着している抜け毛の数が、以前よりも多い
  • 「頭から、自然に髪の毛が抜け落ちる瞬間」をひんぱんに目で捉えるようになる

 

 

 

 

3「自身の頭皮に、違和感を覚える」

  • 頭皮が、やたらとかゆい
  • 頭皮が、炎症を起こしているかのようにヒリヒリした感じがする
  • 頭皮が、以前よりも固くこわばっているような感じがする
  • 頭皮を指でかくと、多量のフケが出てくる

 




髪がハゲる、主な4つの原因

 

 

習慣的な「喫煙」

タバコに含まれる「ニコチン」は血管を収縮させる働きがあり、

頭皮の毛細血管を収縮させて血行が悪化するため、ハゲやすくなります。

 

 

 

 

習慣的な「飲酒」

DHT(デヒドロテストステロン)というホルモンによってハゲやすくなる
  • 飲酒をすると、DHT(デヒドロテストステロン)というホルモンが多量に分泌され、このホルモンが髪がハゲることを促進させてしまう
    • 髪の生長を阻害する
    • 髪の脱毛を促進する
      これらが、DHTによる髪への悪影響

 

 

髪の材料であるアミノ酸が、飲酒のせいで不足しがちになる
  • 飲酒で摂取したアルコールを体内分解するために、各種のアミノ酸(髪の材料になる)を消費するようになる
  • アルコールを分解する臓器である「肝臓」がアルコールによってダメージを負うため、肝臓の修復用にアミノ酸(髪の材料になる)が消費される

 

 

飲酒のせいで、血糖値が上昇してしまう

お酒は糖質量が高く、そのせいでお酒を習慣的に飲んでいると、高血糖状態になりやすくなります。

高血糖状態(血液が、過剰な糖分のせいでドロドロになっている状態)だと、血流が悪化しやすくなり、

頭皮の毛細血管の血流も悪化するため、ハゲやすくなります。

 

 

 

 

食事内容がかたよっていて、不健康な状態になっている

  • コンビニ弁当やインスタントラーメンのような、栄養価が低い食事を継続している
    • 髪の合成には「亜鉛」というミネラルが必要になり、食事によって摂取するしかない
  • 食べ過ぎ状態によって、
    「高血糖状態」「内臓脂肪が過剰になり、それによって高血糖状態になったり血行が悪化する」という状態になりやすく、
    そのどちらの状態もハゲを誘発する
「髪の毛を構成するアミノ酸」の解説

髪の毛の成分のうち、約90%は「ケラチン」というタンパク質で構成されています。

ケラチンは、18種類のアミノ酸・必須アミノ酸から体内合成されます。

 

 

ケラチンを構成するアミノ酸シスチン
グルタミン酸
ロイシン(必須アミノ酸)
アルギニン
セリン
トレオニン(必須アミノ酸)
アスパラギン酸
プロリン
グリシン
バリン(必須アミノ酸)
アラニン
フェニルアラニン(必須アミノ酸)
イソロイシン(必須アミノ酸)
チロシン
リジン(必須アミノ酸)
ヒスチジン(必須アミノ酸)
メチオニン(必須アミノ酸)
トリプトファン(必須アミノ酸)

 

 

各種の必須アミノ酸(体内で合成されないので、食事から摂取しなければならないタイプのアミノ酸)と、髪の体内合成に使用される亜鉛は、

専用の栄養食↓と、

サプリメント↓で摂取することが効率的かつ効果的です。

 

 

 

 

ストレス過多の生活を送っている

強いストレスによって、交感神経が優位に働くようになってしまう

自律神経を構成する「交感神経」と「副交感神経」のうち、

強いストレスによって交感神経が優位に働くようになって、そのことが以下のように髪に多大なダメージを与えるようになります。

  • 血圧が上昇し、頭皮の毛細血管が収縮するため、頭皮の毛母細胞へ酸素・各種の栄養が十分に行き届かなくなる
  • 交感神経の働きで身体が興奮状態になるため、寝付きが悪くなり、成長ホルモン(睡眠中に多量に分泌され、髪の生長のために重要)が分泌されにくくなる

 

 

強いストレスが、頭皮に悪影響を及ぼす
  • ストレスで、頭皮を含む身体が緊張状態になり、緊張状態によって頭皮が固くこわばることが多くなるため、頭皮の血行が悪化する
  • ストレスで、頭皮の毛穴から皮脂が多量に分泌されるようになり、
    皮脂が毛穴を塞いだり、頭皮が過剰な皮脂で不潔な状態になってしまうため、ハゲやすくなる

 

ストレスは、それそのものが髪へ多大なダメージを与えることに加えて、

溜まったストレスをどうにかするために、

本記事の習慣的な「喫煙」習慣的な「飲酒」暴飲暴食を高確率で引き起こすようになります。

多大なストレスを受けている環境は、髪がハゲる方向へいちじるしく進みやすい、極めて危険な状況です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
危険回避のための知識
シュテるんをフォローする
シュテるん

約7年間、いろいろなブログを運営する仕事をしています。
世の中の複雑なことを、簡潔にわかりやすく解説することが得意です。
静岡県出身で、現在は埼玉県で生活しています。

シュテるんをフォローする
ステラアルター

コメント

タイトルとURLをコピーしました