夢を叶えるために意識すべき3つの重要なポイント&注意点

 

夢を叶えるうえで重要になるポイントと、

夢を追ううえでの注意すべきポイントを、それぞれ解説します。

 

スポンサーリンク

夢を叶えるために、意識しておきたい重要な3つのポイント

 

 

1「自分のための夢を見つけることが、想像以上に重要であることを認識する」

『自分のための夢』が非常に重要である理由
  • ほとんどの人にとって、人生には張り合い(やりがいがある、適度に困難な課題のこと)と気持ちの充実感が必要であり、
    人生の張り合いや充実感をもらたすものとして『自分のための夢』はこの上なく適格であるから
  • 『自分のための夢』を持てない人達は、
    目標が無いせいで人生が無軌道になりそのせいで生活が荒廃しやすくなったり、他人のために生きようとして他人に良いように利用されることが多くなるから
  • 人間は、定期的に「夢中になること」「何かに熱中すること」という状態にならないと、精神の健康を保てないため、
    『自分のための夢』を追うことで夢中になったり熱中することが精神衛生のために不可欠だから

 

 

『自分のための夢』の、主な見つけ方
  • 自身の得意な技術や趣味でのスキルを、長い時間をかけて極めていくこと
  • 「こういう形で、人々や世の中に貢献していきたい」という、自分が望む貢献の形をよく考えたうえで固めて、趣味や仕事を通して実際に貢献していく
  • 娯楽系の趣味において、みんながうらやむような体験ができるように計画を立てて、行動していく
    • たとえば海外旅行が趣味ならば、旅行好きの間で定番の「ぜひとも行っておきたい観光名所の国」へ、一生のうちに10ヶ国行けるように行動していく

自分のための夢を見つけるうえで、興味があることや楽しそうだと感じることを効率的に探すことも必要になってきます。

「Sheage(シェアージュ)」は、日々の生活を充実させるための情報や、グルメや旅行やファッションなどの趣味の情報を効率的に受け取ることができる、無料アプリです。
Sheage(シェアージュ) - 半歩先の上質なライフスタイル情報を

Sheage(シェアージュ) - 半歩先の上質なライフスタイル情報を

Tokyu Fudosan Holdings Corporation無料posted withアプリーチ

 

 

 

 

2「ある程度、実現できる可能性が高い目標」を夢に設定すること

実現できる可能性が高い目標(夢の対象として推奨)

「自分が興味がある分野の仕事をするために、どこでも良いからその分野の会社に就職して、会社の中で仕事をしたい」

といった、ある程度敷居が低い目標。

現実とすり合わせた堅実な目標は、時間をかけてきちんと努力をすれば高確率で叶うため、夢の対象として推奨されます。

 

 

実現できる可能性が低すぎる目標(夢の対象としてはまったく推奨できない)

「漫画家になりたい」「小説家になりたい」「声優になりたい」「医師になりたい」「世界的に有名な大企業に入社して働きたい」

といった、競争倍率が高すぎたり実現の難易度が高すぎる目標。

 

 

 

 

3『夢を追うこと』は、人間の活力・若さ・希望の源

  • 叶えたい夢に向かって進み続けている人達は、胸に大きな希望を抱いているし、身体に活力が備わっていて常に若々しい
    • これに対して、夢が無い人達は心身が老けることが早く(重要)、精神面でも死んだも同然

 




「夢を追うこと」についての、3つの注意点

 

 

“具体的行動”を起こさないと、夢は夢のままで終わってしまう

  • 夢というばくぜんとした願いを、「具体的で現実的な目標」に落とし込むこと
  • 具体的で現実的な目標にした後は、その目標を実現するための計画を立てること
  • 計画を立てた後は、計画通りに動いたり、必要な行為を実行すること
    • 上記のリストのような『具体的行動』を起こさないことには、夢は実現できない

本項目は当たり前の内容ですが、

夢を目標に落とし込む最初の行動すら取れずに、夢をただの妄想にとどめたまま一生を終えてしまう人が大部分を占めているのが実情です。

 

 

 

 

夢を追うことが現実逃避になっていないか、注意が必要

  • 目の前の辛い現実から目をそらすために、非現実的な夢を追っているパターン
  • 「夢を追っている、かっこよくて素敵な自分」に酔いたいためだけに、夢を追っているパターン
    • 上記のパターンのように、ただの現実逃避のために夢を追っていても夢は叶わないことが多いし、まずは現実逃避せざるを得ない現状を改善する必要がある

 

 

 

 

自分の人生は、自分自身が責任を持つこと

  • 夢を追った結果、もしも悲惨な結果になって生活が困窮しても、それは夢を追おうと決断した自分が悪い
    • 夢を追うのと同時に、「お金」「生活の安定」を確保するための行動や保険も重要
    • 悲惨な結果にならないように、夢を叶えるための最大限の努力を自分が責任をもって為す必要が出てくる
  • 夢を追わなかった結果、日々の生活が空虚なものになって精神的に辛くなっても、それは夢を追わないと決断した自分が悪い

成人した後は、自分の人生は自分自身が責任を持つべきだと社会一般で言われています。

そのことはつまり、仮に成人後に自身の人生が自業自得的な経緯で悲惨なものになり、そのことの責任を親などに求めたとしても、社会一般には訴えが認められないことを意味しています。

同時に、

「自分の人生は、自分自身が責任を持つ」と考えて自分から行動しないことには、自分自身の人生と真摯に向き合うことができません。

 

 

『君には無理だよ』という人の言うことを、聞いてはいけない
もし、自分でなにかを成し遂げたかったら
出来なかった時に他人のせいにしないで
自分のせいにしなさい
多くの人が、僕にも君にも「無理だよ」と言った
彼らは、君に成功してほしくないんだ
なぜなら、彼らは成功出来なかったから
途中で諦めてしまったから
だから、君にもその夢を諦めてほしいんだ
不幸なひとは、不幸な人を友達にしたいんだ

アメリカのプロバスケットボール選手「マジック・ジョンソン」の言葉

スポンサーリンク
スポンサーリンク
利益になる知識
シュテるんをフォローする
シュテるん

約7年間、いろいろなブログを運営する仕事をしています。
世の中の複雑なことを、簡潔にわかりやすく解説することが得意です。
静岡県出身で、現在は埼玉県で生活しています。

シュテるんをフォローする
ステラアルター

コメント

タイトルとURLをコピーしました