物事を継続できる人の3つの特徴と、できない人の3つの特徴

 

継続できる人の特徴と、継続できない人の特徴を、それぞれ解説します。

 

スポンサーリンク

「物事を継続できる人」の、主な3つの特徴

 

 

1「良い結果を出すために、きちんと考えたうえで行動している」

  • 『良い結果を出すためには、時間をかけてコツコツと積み上げ続けることが不可欠』だと、よく考えた末に理解できている
    • 理解できているため、継続することを不可欠な行為だととらえ、黙々と継続できている

 

 

 

 

2「その人の性格が、継続することに向いている性格型」

  • ストイック(禁欲的で克己的であること)な性格をしていて、努力することがあまり苦にならない
  • 淡々とした態度で、感情の浮き沈みがほとんど起こらない
  • 前向きな性格をしていて、明るい未来を素直に信じて継続することができる
  • 「欲しいものは、なんとしてでも手に入れたい」と考える、欲が強い性格をしている
  • 規律・規則を重んじる性格であり、いったん始めたことは、当初に決めたルール通りに続けなければ気が済まない

 

 

 

 

3「その分野での能力面あるいは性格面での才能がある」

能力面での才能がある場合
  • その分野の物事を、最初からある程度上手くこなせる
  • 続ければ続けるだけ、もっと上手くこなせるようになったり、その分野における自身の順位が上昇していく
    • これらの事情から、「その分野を継続することが楽しい」「その分野を継続した方が得」という状況になりやすく、継続しやすくなる

 

 

性格面での才能がある場合
  • その分野の物事が好きで、好きなおかげで自然体で続けることができる
  • たとえば、「物事を調べ続けること」という継続行為と、「知的好奇心がおう盛で、あれこれと知りたがる性格タイプ」というように、継続行為と性格タイプの相性が良い

 

「物事を継続できない人」の、主な3つの特徴

 

1「その人の性格型が、継続することに不向き」

  • 飽きっぽい性格をしていて、特定の対象に興味・関心が長続きしない
  • 怠惰な性格をしていて、物事全般で、「頑張ること」よりも「休むこと・遊ぶこと」の方を選択しがち
  • 欲が薄い性格をしていて、「長期的に努力してまで、何か貴重なものを求める」という状況になりにくい

 

 

 

 

2「手っ取り早く成果を得たい、という考え方をしている」

  • 「早く、楽な方法で、成果を得たい・成功したい」という考えを強く持っている
    • この考え方のせいで、物事を長期的に継続することがいちじるしく苦痛になる
    • この考え方のせいで、成果を得るためには継続して積み上げ続けることが不可欠、という気づきに至ることができない

 

 

 

 

3「その人の能力・性格とは相性が悪い分野を、無理に継続しようとしている」

  • その人の能力と相性が悪い分野(たとえば、スポーツが得意が身体を動かすことが好きなのに、スポーツとはまったく無関係な分野)を継続しようとしている
  • その人の性格とは相性が悪い分野(たとえば、内向的で独りでいることが好きな性格なのに、他者と積極的に交流していく分野)を継続しようとしている
    • その人の能力・性格とは相性が悪いため、良い成果が全然得られなかったり、性格が拒絶反応を起こし、継続することが困難になる

 

「継続すること」との向き合い方

 

 

「成功することへの確実な道は、継続すること」ということをはっきり認識すること

世の中をざっと見渡してみると、

経済的に成功している人達や、特定の分野で大きな存在感をもつ人物になる人達の正体は、

「不正やズルを行わずにまっとうなやり方で、長年継続して、コツコツと積み上げ続けてきた人達」

だと容易に理解することができます。

他の方法は、高額宝くじに当選するなどの幸運に頼ったり、法的にグレーゾーンな方法で成功するなど、確実さ・正当性に欠ける方法ばかりです。

 

 

 

 

継続したいなら、継続できる工夫をすること

1「自身と相性が良い分野」を選択すること

本記事の3「その分野での能力面あるいは性格面での才能がある」で解説した内容が、本項目の答えです。

自身と相性が良い分野は継続できる可能性が非常に高くなるため、

自身と相性が良い分野を探す努力をすることが必要です。

 

 

2「自身と相性が悪い分野で、無理に継続しようとすること」を意識的に避けること
  • 「自身が今やっている分野が、自身と相性が悪いかそうではないか」「自分がこれからやる予定の分野が、自身と相性が悪いかそうではないか」を、意識的に検証する必要がある
    • もしも相性が悪かった場合、継続して成果を出すことは困難であるため、その分野からすぐに手を引く必要がある
  • もしも仮に、本記事の1「その人の性格型が、継続することに不向き」に自身が該当する場合、無理に継続することは最初から避けることも検討するべき
    • 最初から「自身の人生は娯楽を味わうためのもの」と割り切って行動した方が、その人にとっては実りの多い人生になる

 

 

3「挫折しやすくなる状況を、意識的に避けること」
  • 大きな目標を、短期間で一気に達成しようとする状況
  • 「毎日必ずやる、といった心身に重大な負荷がかかるルール」のもとに続けようとする状況
  • 「自分が置かれている状況からして、必須の行為・どうしてもやらなければならない行為」「かねてよりの夢・願望など、自分がどうしてもやりたい行為」ではない、
    「なんとなくやりたい」という理由で始める状況

    • 上記のリストのような挫折しやすい状況を、意識的に避けていくことが必要

 

本記事と強く関連している、努力できない原因についての記事↓も合わせてご覧下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
利益になる知識
シュテるんをフォローする
シュテるん

約7年間、いろいろなブログを運営する仕事をしています。
世の中の複雑なことを、簡潔にわかりやすく解説することが得意です。
静岡県出身で、現在は埼玉県で生活しています。

シュテるんをフォローする
ステラアルター

コメント

タイトルとURLをコピーしました