結婚制度が、すでに現代の男女の生活に合わない3つの理由

 

時代が変わったことにより、結婚という制度がすでに今の男女の生活に合わなくなってきていることを解説します。

 

スポンサーリンク

結婚制度が現代社会に合わなくなってきている、3つの理由

 

 

1「結婚しなくても、経済面や世間体で困らない人達がかなり多くなった」

  • 女性の社会進出が一般的なことになりつつあり、それによって「経済的に、男性に依存せざるを得ない女性達」が減少傾向にある
  • 「男女ともに、結婚してこそ一人前の大人になれる」という昭和時代~平成時代前半までの価値観は現代ではなりをひそめ、
    独身であっても偏見の目で見られないようになっている

 

 

 

 

2「結婚および恋愛は必須ではなく、趣味の一種へと格下げされた」

  • 令和時代の現代では、結婚および恋愛は「やりたい人だけやれば良い、趣味の一種」という認識になりつつある
    • 現代では人々の価値観が多様化し、結婚および恋愛を絶対視する時代ではなくなったから
    • 現代では娯楽の種類が充実し(特に、スマートフォンを使うゲームや動画やSNSなどの情報分野の娯楽)、結婚および恋愛の娯楽としての地位が以前よりも相対的に低下した

昔の時代では娯楽の種類も質も充実していなかったせいで、

「異性と恋愛すること」「異性と結婚すること」が、数ある娯楽の中で支配的な地位を長期的に占めていました。

「異性と交際したり結婚することが、自身の人生や命をかけるに値する」と考えられていた時代も過去にはあったと思われます。

しかし、現代では娯楽の選択肢は大量にあり、それぞれの選択肢も高品質です。

そのため、結婚および恋愛の優先度は以前よりも低下し、

「結婚すること」の需要が低下してきています。

 

 

 

 

3「男女ともに、結婚生活で我慢し続けることが困難になった」

男性側の事情
  • 女性側の「結婚生活において、男性へ求める行動・条件」が年々どんどんエスカレートしていくため、うんざりしてきている
    • しかし、そのことに声に出して反対することは社会での「男性は女性を守るべき」という通念に反するため、
      黙ったまま結婚自体を避けたり、我慢して結婚生活を続けることに固執せずにすんなり離婚するようになった

 

 

女性側の事情
  • 「女性は男性に抑圧されてきた」「女性は男性に搾取されてきた」といったことを訴えて、その主張を盾にして、結婚生活において男性側が非常に大きく譲歩することを要求するようになった
    • 上記の主張に感化された女性達は、家庭において夫の気にくわない言動に容易に激怒するようになるし、離婚への抵抗も小さくなると予想される

 

平成生まれの男女は、少子化で子どもの数が減っているなどの事情から、両親や教師に特に大事に育てられたため、

「ストレスに耐えること」「不満なことを我慢すること」がかなり苦手である傾向があります。

結婚生活に我慢・妥協・相手を許すことは不可欠であり、

したがって現代の男女には、延々と我慢しながら結婚生活を続けることは困難であると言えます。

 

結婚が時代に合わなくなっても、それでも結婚した人達の理由

 

 

「その人にとって、どうしても結婚しなければならない理由があったから」

子どもを残したい

「自分の子どもをこの世に残したい」「自分の遺伝情報を後世へ伝えたい」

という気持ちは、いつの時代の人間も抱く、普遍的な願望です。

子どもといっしょに暮らして子どもをしっかりと育てるためには、結婚という制度を通して法的な保証を得ることが最も確実な手段であるため、

子どもを残したい人達は結婚をすることが非常に多くなります。

 

 

孤独に弱い、という性格をしている

孤独に耐えられない性格であり、ずっと独身生活を続けることは性格的に無理であるため、

生活を共に出来る相手を得るために結婚するという人達です。

結婚生活を順調に送るためには、自身の結婚の適性を事前に知っておき、知ったうえで結婚するか結婚しないかを決断する必要があります。

オーネット」では、自身の結婚適性を無料で簡単に診断できて、その適性の情報と自身に合う異性のタイプの情報を今後の婚活に活用することができます。

 

 

結婚して家庭に入ることで、経済的安定を得るため

本項目は、特に女性が該当します。

 

 

 

 

「非常に強い恋愛感情に押されたから」

  • 交際中の男女の間に、非常に強い恋愛感情があったことが結婚の決め手になったパターン
    • 非常に強い恋愛感情によって、「結婚という制度が、令和時代の現代とはズレてきている」ということも全然気にならなくなっている

結婚という制度が今の時代にそぐわなくなっていても、それでも結婚する最大の理由の1つが、

非常に強い恋愛感情に後押しされて結婚したから、

というものです。

結婚する理由が「強い恋愛感情」というものは、結婚理由として最も健全で強い正当性を備えているため、

時代がどう変わろうと、強い恋愛感情を根拠にして結婚する男女は後を絶たないと考えられます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
恋愛と結婚
シュテるんをフォローする
シュテるん

約7年間、いろいろなブログを運営する仕事をしています。
世の中の複雑なことを、簡潔にわかりやすく解説することが得意です。
静岡県出身で、現在は埼玉県で生活しています。

シュテるんをフォローする
ステラアルター

コメント

タイトルとURLをコピーしました