社会不適合者の主な5つの特徴と、彼らが社会に反発すること

 

社会不適合者と呼ばれる人達に共通する特徴を解説します。

 

スポンサーリンク

社会不適合者達が共通してもっている、5つの特徴

 

 

1「その場のルールに従うことが、能力面や性格面で難しい」

  • 指定された時刻の通りに、登校・出社することが難しい
  • 平日の間に、勉強・仕事を継続的に続けることが難しい
  • やるべき課題や仕事のタスクを、期限日までに仕上げることが難しい
  • 根性・根気が欠如している性格であり、勉強・仕事をすぐに放棄してしまう

「ルールに従い、日々規則正しく行動する、ということが困難」という特徴を、社会不適合者の多くが備えています。

 

 

 

 

2「他者に嫌われるタイプの性格をしている」

  • 性格が悪い
    • 他者が嫌がったり苦しむことを、娯楽として積極的に行うこと
  • プライドが高く、ナルシスト
  • 他者を見下したり中傷する言動を繰り返す
  • こだわりが強い、ガンコな性格をしている
  • 約束を簡単に破ったり、裏切ったりする
  • 自己中心的な性格をしていて、「他者にあれこれ尽くしてもらうことが当たり前」と考えている
  • 攻撃的な性格をしていて、相手を挑発したり暴力を振るい、トラブルをひんぱんに起こす

 

 

 

 

3「他者と仲良くしたり、集団になじむことが困難」

  • 他者に笑顔を見せたり、表情や声の調子を調整して親しみやすい態度を演出することが、いちじるしく苦手
  • 他者と会話が続かない
  • 「集団の中に、自身がいること」に、強烈な抵抗感を覚える

 

 

 

 

4「他人が嫌い、という考え・感覚をもっている」

  • 自分以外の人間達を、嫌っていたり憎んでいたり、信用していない
  • 対人恐怖を抱えていて、他者と接することが嫌
  • 他者に、ほとんど興味が無い
    • 自身が好きな趣味等へ、ほぼ全ての興味が向いている

 

 

 

 

5「社会に出ることに対して、ばくぜんとした恐怖を覚えている」

  • 「働きたくない、会社で他の人達といっしょに働くことが怖い」という強い感覚
  • 「自立して、独りで生活すること」へ強い不安を覚えている
  • 「学校を卒業した後、自分で自分の進路を決めて人生を設計すること」を無理だと感じている

 




社会不適合者達が、社会に反発しやすい3つの物事

 

 

1「ほとんどの場面で、集団行動と協調性を求められること」

社会不適合者は「強い個性」「ゆずれない主義・考え方」をもっていることが非常に多く、

そのため、協調性を強く求められる社会に反発しやすくなります。

 

 

 

 

2「ルール(特に、労働のルール)で、常に人間を縛ろうとすること」

  • 「社会へ出たら、原則的に週五で会社で仕事をする」というルール
  • 学校や会社での、各種の規則・ルール
  • 社会での常識
  • 「他者との会話では、なるべく本音を隠して当たり障りの無いことを話すべき」というルール
    • 上記のリストのようなルールに対して、社会不適合者は「ルールに、自身の行動・考え方が縛られること」をいちじるしく嫌う傾向がある

 

 

 

 

3「社会不適合者自身を含めた個性的な人間を、周りが受け入れようとしないこと」

  • 個性が強い人間
  • 我が強い性格をしている人間
  • 心身が弱かったり、学力が低いことが理由で、社会に適応できない人間

上記のような特徴をもつ人間達を、他の大多数の人間達が受け入れずに疎外することに対し、

社会不適合者が怒りを覚えることは非常に多いです。

 

 

 

自身が社会不適合者であることを克服するために重大なことは

「他者達と協調すること」

「その場のルールを、自分も守ること」

の2つの点です。

 

世の中のほとんどの人達は、心情的に多少無理をしたり、自身の労力・自身の時間という多少のコストを支払ったうえで、他者達と協調したりルールを守り、

そのことによって社会性を獲得しています。

社会性を身につけるためには、

他者達と協調する努力や、ルールを守ろうとする努力をすることが正解です。

 

本ブログでの、社会から脱落したきっかけについての記事↓も合わせてご覧下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
危険回避のための知識
シュテるんをフォローする
シュテるん

約7年間、いろいろなブログを運営する仕事をしています。
世の中の複雑なことを、簡潔にわかりやすく解説することが得意です。
静岡県出身で、現在は埼玉県で生活しています。

シュテるんをフォローする
ステラアルター

コメント

タイトルとURLをコピーしました