高学歴なのに人生が上手くいかない人達の、5つの不幸の原因

 

有名大学卒の高学歴であるのに、人生が不幸になっている人達の、不幸の原因について解説します。

 

スポンサーリンク

高学歴であるのに人生が不幸になる人達の、5つの原因

 

 

1「仕事の激務のせいで、心身が潰れてしまった」

  • 入社した大企業で、激務により心身に大きなダメージを受けてしまった
    • 連日の激務で、過労状態が慢性化して倒れてしまったり、ストレス解消のためにお酒を飲み過ぎて肝臓などを痛めてしまった
    • 社内での、非常に優秀な同僚達との過酷な競争や、社員に求められる要求水準の高さから、心労によってうつ病などの精神疾患を発症してしまった

 

 

 

 

2「大学卒業後、企業就職をせずにニートになった」

  • 有名大学に入学&卒業できるような人達は実家がかなり裕福である場合が多く、今すぐ働くことの必要性が低い
  • 幼少時からひたすら受験のための勉強を続けていて、勉強漬け人生の集大成ともいえる有名大学での修学を終え、そこで精神的に燃え尽きてしまった
    • これらの事情から、有名大学卒業後にニートになる若者はそれなりに多い

 

 

 

 

3「大学教授を目指してポスドクを続けていたが、芽が出なかった」

「勉強が非常に得意」「大学で、研究の面白さに魅了された」などの理由から、

大学院の博士課程修了後に、大学教授になることを目指してポスドク(任期付きの契約で研究の仕事をする職業人)を続ける人達がいます。

しかし、大学教授のポストに就くには、研究で目覚ましい成果を複数挙げることや、空いた教授ポストに招いてもらえるだけの強力なコネクションが必要であり、

大学教授になろうとした高学歴の方々のほとんどが、万年ポスドクという悲惨な結果になります。

 

 

 

 

4「プライドが高すぎるせいで、あれこれの問題を起こしてしまった」

入社した企業で、人間関係のトラブルが頻発した
  • 入社した企業が大企業でも、上司に頭を下げ続けることが我慢できずに、辞職してしまった
  • 新卒入社した企業が、自身の学歴の高さとは不釣り合いな中小企業であり、その境遇を認めることがどうしてもできずに辞職してしまった
・コミュニケーション能力がかなり低かったり、陰気すぎる雰囲気
・就活で、大企業や優良企業(採用の競争倍率が数十倍になる)にこだわりすぎる
このような特徴をもつ人達は、新卒での就職活動で悪い結果になる場合が多くなります。

 

 

高すぎるプライドがわざわいして、プライベートでの人間関係が上手く行かない

他者を見下したり、他者の発言を否定することを繰り返すせいで、友人・知人がどんどん離れていき孤立無援状態になる、

ということが、プライドが高い高学歴の方には起こる可能性が高いと考えられます。

 

 

 

 

5「難関の資格試験や大学再受験に挑戦してしまい、泥沼にはまる」

  • 新司法試験(弁護士・検事・裁判官になるための資格試験)
  • 医学部医学科に合格するための、大学再受験
  • 国家公務員採用総合職試験(官僚と呼ばれる上級公務員になるための公務員試験)

有名大学の卒業後、上記のような難関の資格試験や大学再受験に手を出してしまい、いつまで経っても合格できずに人生の状況が悪化することは、それほど珍しくありません。

 

高学歴の方が不幸にならないために必要な、2つのこと

 

 

必要以上の「高収入」「社会的ステータス」を求めようとしないこと

2018年1月、学術誌「Nature Human Behavior」で発表された研究で、

「楽しみ」「笑顔」「笑い」などのポジティブな感情は、

日本を含む東アジアでは60000ドル(1ドル=110円換算で約660万円)の収入で、ポジティブな感情の度合いが頭打ちになることが示されています。

 

 

上記以外の複数の研究でも、似たような金額の収入で幸福度が頭打ちになるという共通の結果が出ています。

年収660万円以上を稼いだとしても、

そこから先の年収額は、体感での幸福度はほぼ変わらず、激務による心身を壊すリスクがどんどん大きくなったり、大事なプライベートが仕事のせいで台無しになっている、という状況となります。

 

  • 両親や友人知人の期待に、高額の年収を稼ぎ出すなどの方法でしっかり応えなければならない
  • 自身は有名大学卒の高学歴なのだから、社会的ステータスが備わった職業に就いていなければならない

 

このような考え方は、高学歴の方の人生が不幸になる根本的原因であるため、

年収660万円以上の金額では幸福度が頭打ちになる研究結果を踏まえ、年収や社会的ステータスに執着しすぎないことが非常に重要です。

仕事があまりも激務であったり、ストレスが溜まりすぎる業務内容であれば、最悪の結果になることを避けるために、転職して負担を減らすことも検討するべきです。

転職アプリ「ミイダス」は、面接確約・年収提示のオファーが企業の方からどんどん届く、転職用に便利な無料アプリです。


ミイダス - あなたの本当の市場価値を見いだす転職アプリ

ミイダス - あなたの本当の市場価値を見いだす転職アプリ

MIIDAS CO., LTD.無料posted withアプリーチ

 

 

 

 

社会で生き抜くための、したたかさ・活力

  • 「自身に過度な負担がかかりそうな場面」「責任や負担を不当に押しつけられそうな場面」では、上手いことを言って逃げる
  • 「その場で、権力があったり人気が高い人物」「これから勢力を伸ばしていくであろう物事」などに、取り入ったり利用する
  • 「自分を押し通そうとして、集団内で孤立すること」よりも、「集団内のみんなと協調して、みんなの助力を得ること」を目指す
  • 一つの理想や主義に固執せずに、状況の変化に応じて柔軟に立ち振る舞いと考え方を変えていく
  • 「健康な身体」に裏打ちされた、優れた体力と健全な精神、忙しさにも負けない打たれ強さ

学生と社会人では、求められる能力の種類が大きく違っています。

上記のようなしたたかさ・活力を身につけることができれば、高学歴の方が社会へ出た後に失敗をする可能性はいちじるしく低くなります。

 

高学歴なのに、ニートになって不幸状態になってしまう人達についての記事↓も合わせてご覧下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
危険回避のための知識
シュテるんをフォローする
シュテるん

約7年間、いろいろなブログを運営する仕事をしています。
世の中の複雑なことを、簡潔にわかりやすく解説することが得意です。
静岡県出身で、現在は埼玉県で生活しています。

シュテるんをフォローする
ステラアルター

コメント

タイトルとURLをコピーしました