女性の人生が生きづらい、運に左右される事など4つの理由

 

女性の人生で損な部分や、女性の人生が生きづらい理由について解説します。

 

スポンサーリンク

女性の人生が生きづらい、4つの理由

 

 

1「女性の人生は、運要素に大きく左右されてしまう」

女性はもしも運が良ければ、人生が上手く行きやすい

「生まれつき、顔が美しかったりスタイルが良い」という運が良い状況や、

「生まれつき、顔やスタイルがそこそこであり、悪くは無い」という幸運に準ずる状況だと、

男性達にちやほやされたりスムーズに結婚できて、高確率で女性の人生が上手く行くようになります。

 

 

 

女性はもしも運が悪いと、人生が悪い状況に固定されてしまいやすい

「生まれつき、顔やスタイルがいまいち」という運が悪い状況だと、

女性の強みを活かせないため恋愛も結婚も上手く行かず、

かといって仕事で成功することも、女性の体力・精神が重労働に不向きなことや、女性が出世できる社会制度が整っていないことから、難しいと言わざるを得ません。

 

上記から分かるように、

生まれつきの運の良し悪しによって、人生の成否の大部分が決してしまうことは、女性が損である代表的なポイントです。

 

 

 

 

2「同性達との人間関係が『女の敵は女』ということになりやすい」

周りの女性達が「恋敵」「嫉妬の対象」という状況に高確率でなってしまう
  • 一人の魅力的な男性を取り合う敵同士、という関係になりやすく、同性同士で敵対関係になりやすい
  • 「容姿の美しさ」「若さ」「男性達から高い人気があること」「高価な服やアクセサリーを所持していること」などに嫉妬し、女性同士がいがみ合う

とにかく、女性同士の人間関係の内情はドロドロしたものであると、昔からくり返し言われています。

 

 

 

成功していたり人生が上手く行っている女性は、他の女性達から高確率で攻撃される
  • イケメンだったり高年収の仕事に就いている男性と、交際している女性
  • 結婚できた女性
  • 高収入の仕事に就いている女性や、勤めている会社で出世している女性
  • 「モデル」「俳優」「タレント」「アイドル」などの華やかな職業に就いている女性

上記のような女性達は、ほぼ確実に他の女性達から嫉妬心によって攻撃されます。

成功している同性をねたむことは男性の場合でも起きますが、

女性の場合は、より高確率でより激しい程度の攻撃が起こると考えられます。

 

 

 

 

3「日常生活や仕事で不利になる特徴を、生まれ持ってしまっている」

情緒不安定であり、感情的になりやすい

情緒不安定であり感情的になりやすいと、

感情の起伏が原因でエネルギーの消耗が激しくなったり、課題をこなすことや人間関係で失敗が起こりやすくなります。

 

 

一般的に男性と比べて女性のほうが50%以上も生産する能力が低いといわれています。そういった意味では、女性は男性に比べて慢性的にセロトニンの量が少ないため、女性はストレスに対する耐性が強くなく、感情的になりがちともいえるわけです。

 

 

重要な神経伝達物質・セロトニンの効果は、

  • 精神を、穏やかで安定的な状態にする
  • 意識を適度に覚醒させ、やる気や意欲を向上させる
  • 精神を興奮状態にさせる神経伝達物質「ドーパミン」「ノルアドレナリン」のブレーキ役としてセロトニンが働き、攻撃性を低下させる

といった効果が主なものであり、

女性のセロトニン分泌量は男性の50%以上も少ないため、女性は男性よりも情緒不安定になりやすいと考えられます。

1ヶ月ごとの月経前には、セロトニンの分泌量が普段よりも低下するため、
そのことと月経による苦痛・体調不良によって、余計に情緒不安定になりやすくなります。

 

 

 

体力が低く、長時間の仕事に不向き

平均して、女性の身体の筋肉量は、男性のそれよりも約30%程度少ないと言われています。

(男性の筋肉量の平均が26.5㎏、女性の筋肉量の平均が18.2㎏)

筋肉量が男性よりも少ないため、重いものを持ち運ぶことが困難であったり、

ある程度長い時間動き回ると、少ない筋肉への過負荷のせいでクタクタになってしまう、ということが起こります。

 

 

 

「仕事や作業に対するやる気」が、なかなか出てこない場合が多い

女性も副腎や卵巣でテストステロンを分泌しています。血中テストステロン値で比べると、男性の5~10%(1/10~1/20)と言われています(共に健常成人の場合)。

 

 

テストステロン(男性ホルモンのうちの主要成分)は、

  • テストステロン自体が、精神に「やる気」「活力」をもたらす
  • 重要な神経伝達物質・ドーパミン(やる気を強くもたらす)の分泌を、テストステロンが促進させる
  • ホルモン・アドレナリン(頭を冴えさせて、集中力を高める)の分泌を、テストステロンが促進させる

という、やる気・活力を大幅に高める効果があります。

女性の血中テストステロン値は男性の1/10~1/20しかないため、

仕事や作業に対するやる気がなかなか出なかったり、やる気を出して動き始めるまでに長い時間を要する、ということが起こりやすいと考えられます。

 

 

 

 

4「女性は人生の構造上、何かを極めることが困難で、中途半端な人生になりやすい」

「勉強」「仕事」を極めようとしても、適性が低かったり、色々とハイリスク

 

 

 

「恋愛」に生きようとしても、それで上手く行かない場合は後が悲惨になってしまう
  • 「恋愛」に生きようとしても、
    人生において「異性との恋愛」「婚活」ばかりしていると、学歴や仕事の収入がかなり低くなり、もしも上手く結婚できない場合は後が悲惨な状況になってしまう
  • 「容姿がいまいち」「性格が恋愛・結婚に不向き」という女性は恋愛に生きることは困難であるし、現代社会で非婚化が進んでいることもあり、
    女性が恋愛に生きることはそう簡単ではない
ハッピーメール」は会員数2500万人以上という人気と有名さをもつ、異性と知り合える恋愛SNSです。


 

 

「勉強」「仕事」が出来過ぎると人生が悪い方向へ進みやすく、

かといって恋愛一本という生き方はあまりにもハイリスクすぎる、

という非常に面倒な状況に置かれていることが、女性が損なところです。

 

本ブログでの、「女の敵は女」という状況を解説する記事↓も合わせてご覧下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
社会での現象
シュテるんをフォローする
シュテるん

約7年間、いろいろなブログを運営する仕事をしています。
世の中の複雑なことを、簡潔にわかりやすく解説することが得意です。
静岡県出身で、現在は埼玉県で生活しています。

シュテるんをフォローする
ステラアルター

コメント

タイトルとURLをコピーしました